野茂のリスク(英語)

野茂の記者会見 (英語) 野茂のアメリカデビュー(英語) 日本のファン(英語) 野茂のリスク(英語) 野球の殿堂(英語) 1995年の野茂旋風 ドジャースがMLBにもたらした国際化の波

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)彼は、日本で大金を稼げる選手だったんですよ。日本に居続けさえすれば、たとえ違うチームに移籍したとしても。それでも彼は、全てを賭けてアメリカに来ました。英語もほとんど話せませんでしたし、ピッチングコーチとはどうやって会話していたのでしょう。それでも野茂は、自分自身に、そして日本野球にも挑戦したかったのでしょう。もしかすると彼は、アメリカの野球ファンは日本野球を見下していると思っていたのかもしれません。

ですから彼には、証明しなければならないことが2つありました。野茂英雄は成功するという証明、そして日本野球だって本当は素晴らしいんだぞ、という証明です。彼は、2つの大きなプレッシャーを抱えていました。

彼の投球スタイルは、もちろん皆覚えています。とにかくすごく変わっていましたから。確か誰かがトルネード投法と名付け、大勢の若い野球選手やリトルリーグの子供たちが真似したんですよね。本当に素晴らしいことだと思いました。

日付: 2013年12月20日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: マーク・ランギル
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

baseball Dodgers Hideo Nomo Japan NHK TV United States

ディスカバー・ニッケイ「トークイベント」シリーズに関するアンケート

アンケートに答える >>

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

10月31日まで投稿を受け付けています。.

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団