野茂のアメリカデビュー(英語)

野茂の記者会見 (英語) 野茂のアメリカデビュー(英語) 日本のファン(英語) 野茂のリスク(英語) 野球の殿堂(英語) 1995年の野茂旋風 ドジャースがMLBにもたらした国際化の波

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)もちろん私は太平洋のこちら側に居たので、日本の同僚の話を聞いただけに過ぎませんが、野茂は日本野球を裏切ったと考えた人もいたようです。しかしその一方、「頑張ってこいよ。」と背中を押した少数派もいて、彼が成功すれば、それはアメリカ野球、日本野球双方にとって素晴らしいこと、という考えもありました。

デビュー戦はキャンドルスティック・パーク―今は名称が変わっています―で行われ、1995年5月、野茂はメジャーリーグでの初試合に挑みました。日本からは公認メディアが200社来ましたが、サンフランシスコ・ジャイアンツに当時から勤めるマリアによると、20~30社位は断ったそうです。それほど日本中の関心を集めていたのです。2、3回の投球だったので野茂に勝敗は付きませんでしたが、ジャイアンツの選手から2、3三振を奪いました。

日付: 2013年12月20日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: マーク・ランギル
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

baseball Dodgers Hideo Nomo Japan United States

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

10月31日まで投稿を受け付けています。.

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団