日系アメリカ人であることの誇り(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)私の家族が日系であることを恥じることは全くありませんでした。私は、自分が受け継いできた伝統をただ誇りに思ってきました。私は、アメリカ人が自分たち以外の人々に対してすることに同意できませんでした。つまり、ドイツ系やイタリア系といった敵と見なされる人たちは他にもいましたが、彼らは日系人と同じように一斉退去に追いやられることはありませんでした。私の日系人としての誇りは、一度たりとも揺らぐことはありませんでした。幼い頃から私は、たとえ相手が政府であろうと、間違ったことには抗議するよう教え込まれていました。

日付: 2013年7月17日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ショーン・ハマモト
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター; Japanese American Bar Association

identity Japanese heritage

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団