組織に挑むこと(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)小学校への登校初日、私は列に並び、新しい名前を付けられることになりました。私は、「タカヨ」という「理想を高く持つ子」という意味の素晴らしい名前を両親から与えられていましたが、アーカンソー出身の無邪気なこの先生は、私にローズというアメリカ名をつけました。 今思うと、この出来事は私の人格形成にとても大きな影響を与えたと思います。私は小さな子供でしたが、自分は本当のアメリカ人ではなく、よそ者だ、という意識をこの時植え付けられたのです。そしてこの出来事は、人生を通し、私が組織に挑戦する後押しをしてくれました。その後、私はスピーチをする機会があると、「『ペチュニア』なんて変な名前を付けられなかっただけマシですけどね」とコメントしているんです。

日付: 2013年7月17日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ショーン・ハマモト
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター; Japanese American Bar Association

identity

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団