強制収容、国外追放、弁護士 (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)私たち一家は、最初にサンタアニタ競馬場跡地で何ヶ月も生活し、その後、次の移送先であるアーカンソー州ローワーで4年過ごしました。収容所から解放された後は、父の輸入業が廃業していたという理由で、両親は国外追放の標的となりました。当時、既に4人の子を持つ親となっていた両親は、国外退去命令に異議申し立てをするため、サンフランシスコへ行きました。幸運にも、市民権専門の弁護士が両親に代わり抗議し、国外退去命令を覆すことに成功しました。この出来事は、まだ小さい子供だった私に弁護士には戦う術があり、現状を変える力があるということを教えてくれました。

日付: 2013年7月17日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ショーン・ハマモト
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター; Japanese American Bar Association

arkansas deportation rohwer santa anita World War II

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団