コルベット・キット(日本語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(日本語)ラリーにとってデザインは、見た目だけでなく、機能的であることが重要でした。ラリーは、エアロダイナミクスにこだわり、限界に挑んでいました。そしてそれは、エアロダイナミクスが注目されるようになる前のことでした。ラリーが直感的にその重要性に気がついた時、エアロダイナミクスはまだ他の誰からも注目されることはなく、お金がかけられることもありませんでした。

先にコルベット・キットについて話しましたけれど、ラリーはとても良い仕事をしました。その時彼はゼネラルモーターズ所属ではありませんでしたが、風洞でテスト運転をさせてもらうことがありました。風洞でのテストはかなりお金がかかるんですよ。テストを経て、ラリーは、実際に空気抵抗係数を下げることに成功しました。

そこで問題が起きました。例によってラリーは、成果こそ上げましたが、デザイナーグループを怒らせてしまいました。彼らはラリーを押しのけ、上層部のところに出向き、こう言いました。「新しいコルベットを作らせてください。我々は現在のコルベットを空気力学的に改良することはできません。」するとラリーは、独立した立場にありながら、今のコルベットでもキットを付ければ数値を下げることができると言わんばかりに、自作のエアロダイナミクスキットを持って現れたのです。まずいですよね。

日付: 2011年9月14日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: アキラ・ボック
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

aerodynamics automobile Corvette design Larry Shinoda

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団