デザイナーの中のデザイナー(日本語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(日本語)I*:ラリーは、どのように人々に記憶されたいと思っているでしょう?

そうですね。デザイナーの中のデザイナーではないでしょうか?先にお話したように、彼には素晴らしい才能と高い能力がありました。同時に、ごく普通の人でもありました。ラリーは何でもできました。車の修理、デザイン、改造、メンテナンス、全てです。他にも、グラフィックデザインの才能がありました。ものを見て、良いところと悪いところを瞬時に見抜く能力があり、彼の才能には目を見張るものがありました。人とは違う視点が備わっていました。ですから僕は、彼をデザイナーの中のデザイナーとして思い出すでしょう。

何かを見て問題点を見つけられるだけでなく、直し方を知り、しかも実際に自分で直せるなんて本当にすごい人ですよ。ラリーには才能だけでなく、本当に特別でユニークな何かがありました。

彼を、他にどう言い表せばいいかわかりません。そうですね、彼は、良いデザイナーとして人々の記憶に残りたいだろうと思います。

* ”I” はインタビュアー(アキラ・ボック)

日付: 2011年9月14日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: アキラ・ボック
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

automobile design Larry Shinoda

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団