チョップスティック・スペシャル(日本語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(日本語)ラリーは、ホットロッド(スピードが出るようにエンジンなどを改造した自動車)の盛んな南カリフォルニアで育ちました。そして、チョップスティック・スペシャルという当時としては相当なスピードの出る車を造りました。実際彼は、カンザスで開催された最初のトップ・フューエル・ドラッグスター・レース(アメリカを発祥とする、直線コース上で停止状態から発信し、ゴールまでの時間を競う自動車競技)を制し、初代チャンピオンとなりました。僕は小さい頃からホットロッド誌を愛読し、こういった記事を読んでいたので、それは本当に素敵な出来事でした。こういうニュースは、日系アメリカ人にとってもうれしいですよね。

当時、ラリーが何歳だったかはわかりませんが、写真を見たことは覚えていて、50年代当時の典型的なティーンエージャーという感じでした。チョップスティック・スペシャルは、元は普通車だった車を、彼がかなり手を入れて改造したものです。いわゆるフラットヘッドエンジン(サイドバルブ)に改造した、当時としては最速の仕上がりでした。特に、自宅のガレージで作業をしていた彼には、かなりハイテクでした。たくさんの時間とエネルギーを費やしていたことは間違いありませんし、お金もかなりかかっていたはずです。

日付: 2011年9月14日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: アキラ・ボック
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

automobile Chopstick Special design Larry Shinoda

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団