メディアを使いこなす (英語)

突然の悟り (英語) 自由への道 (英語) 文化の創造 (英語) メディアを使いこなす (英語) 喜ばしい経験 (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) メディアの仕事をする中で、映画作品やVCの仕事を通して伝えたいことを表現できるようになりました。強制収容所で経験した圧迫感を、そこへ吐き出すことができたのです。自己嫌悪もたくさんありました。自分が大勢の人とは異なり、敵とみなされていたのですから。ですので、自分に対してひどく否定的になっていき、他の日系・アジア系アメリカ人とも関わりたくなくなっていくのです。嫌悪感が顕著になって、日本に関するものはすべて拒否し始めるのです。全体としてこういった過程があります。それが、私が取り組みたいテーマです。それが映画やビデオの力なのです。必ずしも知識を増やしたり教えたりしているわけではなく、感情的な部分を啓発しているのです。

日付: 2011年8月16日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: アレクサ・キム
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

Asian American movement community Visual Communications

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団