娘のミア・ドイ・トッド(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)周りの人たちは娘に、「お母さんみたいに弁護士になりたい?」と聞くこともありましたが、彼女は、「嫌よ。弁護士は子供と一緒に過ごす時間がないから」と言っていました。彼女が言ったことでもう1つ覚えているのは、娘が2歳半位の頃、彼女を連れて裁判所へ行った時、私の隣にはボブ・ヒガさんのオフィスがあり、——彼は、それはもう素晴らしい裁判官で、とても大切な友人なんですよ――私が娘をヒガさんに紹介すると、娘は彼を見て私の方を向き直り、「男の人でも裁判官になれるのね!」と言ったんです。素晴らしいと思いましたよ。

日付: 2012年7月10日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ローレンス・ラン
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター; Japanese American Bar Association

family law Mia Doi Todd

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

10月31日まで投稿を受け付けています。.

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団