家族以外の人前で歌うことはなかった演歌(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)僕にとっての演歌は、家族とだけ共有するものでした。演歌は、アメリカの音楽とは全然タイプも違うし、言葉も違うので、自然にそうしてきたという感じです。もし友達に歌って聞かせていたとしても、彼らには全然理解できなかったでしょうし、僕に歌詞の意味を聞いてきたと思います。でも、当時の僕には、歌詞をどう説明していいかわからなかったし、それに子供だったから、まあ、周りの子供たちに馬鹿にされるんじゃないかとか、そういう心配もあったんですね。とにかく、当時の僕は、家族以外の人たちに歌って聞かせようなんて思いもしませんでした。

日付: 2010年3月10日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: 西村 陽子
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センターによるインタビュー。日米文化会館による協力

enka hapa identity Japanese culture multiracial music

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団