日本語を知る重要性を更に認識(スペイン語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(スペイン語)当初からラティーノたちと交流はあり、90年代の前半はほぼみんなが仕事に就いていましたし、仕事が生活でした。その結果、日本語や日本の文化(習慣や価値観等)については、みんなあまり理解していませんでしたし、その必要性も感じてませんでした。 当然そうした状況がいつまでも続くとは思えなかったので、私はいつもペルー人の同胞たちには口うるさく、日本語を、基本的なことでいいから、勉強するよう呼びかけたのです。今の仕事が良くても、解雇されたときには日本語ができないとその次の仕事につなげられないと警告したのです。 もう当時から、企業による外国人に対する日本語レベルの要求は高まっていました。はじめは、基礎的な会話力だったのですが、次第に職場での伝票記入や業務報告をかけるぐらいの日本語力も求めるようになりました。要求は厳しくなっていたのですが、長年同じ職場にいたラティーノ労働者たちはそこまで日本語を勉強しなくてもいいとかなり安心し切っていたのです。 I*: そのようでしたか。 でも、当時は企業内通訳も多かったのです。だから困ることもなく過ごせたのです。 * “I” は、インタビュワー (Alberto Matsumoto)

日付: 2009年3月24日
場所: 日本、東京都
Interviewer: アルベルト・松本
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

in Japan language; nikkei

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団