捕虜交換船で日本へ帰国

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

天野は、その戦争が始まった直後に、パナマに家を構えてましてね。そして、パナマの自分の自宅からパナマ運河が一望できるんですよ。ですから、そこからよく写真を撮ってましたので、もうその当時日米開戦というのは避けられないということで、緊迫した状況にありましたので、当然パナマにいて、パナマ運河を一望に見回せるところに京を構えて、ま、派手な生活をしてる天野は、当然アメリカの監視の対象、監視下にありまして。で、戦争が始まると同時に、捕まってしまうんですね。 そして、アメリカに送られ、で、アメリカから一番最初の捕虜交換船が出るときに、あれはマダガスカル*(注:実際の捕虜交換はシンガポールで行われた)ですかね。日本にいたアメリカ人と米国にいる日本人、これがあの確かマダガスカルか何かで、捕虜交換船で交換して、そして、あのお互いに戻るわけですけども。その一回目の捕虜交換船に、天野も乗船することができて、日本へ着の身着のままで帰ってくるんですね。

日付: 2007年5月7日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: 西村 陽子
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

exchange ship gripsholm issei Panama World War II Yoshitaro Amano

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団