天野芳太郎の日本でのビジネス

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

関東大震災のあと、なんかちょっと仕事して。関東大震災にあった時に、お父さんが、病気なさって。でも頑丈な大きなお父さんだったから、何年か生き延びられたですけども。その後、あの人、天野・・・お饅頭の、何て言うお店だった?何か天野・・・なんかね、横浜でお饅頭屋さんやるんですよ。そう、お饅頭屋やるのもね、すごく徹底して、一番いい粉とか、一番いい小豆だとか、もうそうやって、お饅頭作って、専門家を連れてきて。で、あの人も自分で練ったんですって。

で、いろんなことやって、何かすごく評判な。またその人のお店の運営が、おもしろくてね。何かあの、お店も小奇麗なお店ができて、それで(一回に)あんまりたくさん作らなくて、フレッシュなのを日に3回ぐらい作ったらしいです。そうすると、列ができて、あの、もうすぐっていう時に終わったり。そうすると、また必ずその後の、あの、あれに来るんだそうです。 そうして、あの、何て言いますか、自分の、あのおまんじゅうの長さを、こう線路で計ると、とうとう、東京の、横浜の駅から出発して、東京の何とかって言う駅まで着くってね。着くようになったって。届いたって言うんですよ。だから、横浜の市民の、何て言うんですか、義務は、それをまた横浜へ引き返すためだって言うので。宣伝がおもしろいって言うので、わんわん、みんなわんさこわんさこ押しかけて、買って下さったんですって。全部、大きな。だから、銀行何とか、南米何とかっていう大きな銀行もあったですけども、そこのおやつが全部、天野屋・・何かおまんじゅう屋さんから出たんだそうです。すごくとんちのある人だった。

日付: 2007年4月18日
場所: ペルー、リマ市
Interviewer: アン・カネコ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

business Japan Pre-World War II Yoshitaro Amano

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団