歴史好きだった天野芳太郎

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

1911年に、マチュピチュはハイラム・ビンガムっていう学者が発見したんですよね。それから、マチュピチュ、非常に有名になったんですけども。天野が、27年か8年かに行った時には、まだ本当に、マチュピチュちっちゃくて、道もまだできてなくて、ホテルもなくて、小さな日本人が経営してるホテルに泊まって、それで上へ行ったんですよ。その時はもうね、4日かそのくらいかかって見学したんですよ。道なき道を。インカの道路を。それこそ。全然、まだ発達してませんでしたから。観光ルートなんてなかったですから。そういう時に、あの人行ってるんですよ。

絶えずあの人、日本にいる時から歴史が好きで。はい。もう歴史、漢文ね。中国のあれ大好きで。みんなメモリア(記憶)で、空覚えしてました。だから、中国人とお話する。言葉でお話できないけども、こう執筆[筆記]っていうんですか、こう書くと、全部意味が通じる。そうやって、友達ができてましたよね。

日付: 2007年4月18日
場所: ペルー、リマ市
Interviewer: アン・カネコ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

Yoshitaro Amano

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団