移民の苦労神話(スペイン語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(スペイン語)私たち(日系人)のコミュニティーの多くは、自身を移民としてみています。完全にこの土地に溶け込んでおらず、馴染んでいないというか、だからすべてを尽くせないのです。大事なのは、移民として存在する伝説を伝承することなのです。血縁的なものだけではなく、その手本になるものも伝承することです。今の三世ぐらいにもそうした要素があり、それはとてもいいことだと思っています。最終的にはその道に戻って来るのです。 でも、私をも含めて二世たちは親から受け継いだ犠牲と忍耐という価値観を背負わなくてはならないのです。この責任感のようなものによって、良くない見本であるということであるため自分の意思であっても命を断つこともできないと思ってしまったのです。 今でも自分の文学者として仕事や文化事業の活動は、もしかしたら甥や姪にはあまりいい手本ではないのではないかと思ってしまいます。気ままな自分の人生ではないということでね。ここが日系ということなのでしょう。我々は手本になり、教訓を伝え、移民として何か良いことをしなくてはならないと、使命と宿命があると、そしてその使命は良い手本であり、子孫を残し、すばらしいことを伝えることだと。でも、伝説ではなくもう一つの現実なのです。日系人であるということも一つの現実であり、それ自体はほんとうにいいことなのですが、とても疲れますね

日付: 2008年2月26日
場所: ペルー、リマ市
Interviewer: ハルミ・ナコ
Contributed by: ペルー日系人協会 (APJ)

identity immigrants immigration nikkei nisei

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団