移民の歴史(スペイン語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(スペイン語)ええ、そうです。これまで、日本人移民と沖縄県移民の(歴史)について、それぞれ書かせてもらいました。そのうちの一つか1999年に100周年を記念して書いた「ソンジン」という沖縄史です。執筆を終える前に、おじいさんやおばあさん・・・おばあさんの方が多かったと思いますが、インタビューをしました。それまでに、すでに300人のお年寄りや年配者をインタビューしました。多くの人が既になくなってますけど。でも、98年か99年だったと思いますけど、彼らの話を聞いていて自分までが参ってしまったのです。ほとんどがかなり年配の方でしたけど、みんなもうこの世から去るかのように、でもとてもリラックスして話すのです。その中には私を信頼して、私にいう必要のないことまで話す人もいました。同席していた彼らの息子や娘は私を恨めしそうな目で見るのです。彼らは、このことは書かないでくれって私に言うんです。ここで話すつもりはありませんけど、昔中絶をしたとか、不倫をしたとか、暴力を振るったとか、でも楽しいこともたくさんあったとか。全てのことを書き残してほしいかのように話すのです。さすがに精神的に参ってしまったのです。 私はいい家庭で育ちましたので、そのような出来事は体験していないのです。また、インタビュー対象者からそのような証言を得ても匿名では書けないわけです。信憑性を立証するために実名で書くしかないのです。でも、それはできないため、フィクションとして出版することを考えたのです。ただ、私としてはこの日本人移民は確かにすばらしい人たちですごく頑張ってきたけど、他方普通の人間だということを示したいのです。彼たちも多くの悩みを抱え込み、子どもを中絶し、多くの問題を抱えて乗越えてきたということを、日系人のその人間性を紹介したいのです。時にはあまり誇れないこともあったということや決して模範になるものでないことも。 だから、ジャングルで自分を隔離し小説を書き始めたのです。でも、105頁目で筆が止まってしまいました。それから10年の歳月が経ちますが、そのうちに書き終えると信じています。心温まる内容で文学的にも整理されたものにしたいのです。この作品には仏教の影響もあるかと思います。罪滅ぼし的な要素ですが、独白する部分も多いし、アイルランドの小説家James JoyceやVirginia Woolfのスタイルを取り入れているのです。もし私がただの研究者であるのであればもっと客観的に物事を見ることができ、あのような苦痛にはならなかったでしょうが、詩を書く以上やはりセンシブル(感情的)になってしまい大きな衝撃を受けたのです。

日付: 2008年2月26日
場所: ペルー、リマ市
Interviewer: ハルミ・ナコ
Contributed by: ペルー日系人協会 (APJ)

identity interviews novel peru

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団