親善大使(スペイン語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(スペイン語)何も知らない私は、はじめは何かのミス(ミスコンのミス)・・・(笑)とか、例えばミスハワイアントロピカルというふうにしかみていなかったのです。軽薄で表面的なことだと思っていたのですが、実は違っていて、こうした称号は国連も認めていることを後に知ったのです。著名な、ディエゴ・トレス氏やジアン・マルコ、そしてシャーリー・テンプルさんも親善大使だということを知ったのです。 親善大使というのは一つのコミュニティーを代弁してその親善を促進するためにほかの社会やグループに伝えることだと思ったのです。ということですので、私によって在ペルーの沖縄ネーションの親善大使だととらえています。もちろんそれまでもこのような役割を務めてきましたが、それが日系社会の幹部らと軋轢を生み、私が組織の分裂を企てているのではないかという疑いもかけられたのです。それは多様的な考えを受け入れられない人たちの行動だと思いますが、なかなか理解を示してくれなかったのです。私は多様性があるからこそ強くなると思うのです。命令や一つの方針にただ服従し、無言の共犯になることは良くないと思うのです。私はこの日系社会の中にいることが好きですが、違いを持った多様な環境を求めているのです。私の違いを尊重してほしいのです。

日付: 2008年2月26日
場所: ペルー、リマ市
Interviewer: ハルミ・ナコ
Contributed by: ペルー日系人協会 (APJ)

ambassador of good will okinawan peru

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団