サンフランシスコ平和条約会議でたてたお茶

茶道を始めたきっかけ 映画『Japanese War Bride』に出演 サンフランシスコ平和条約会議でたてたお茶 茶道のモットーを次世代へ 自作の茶室 米国版重要無形文化財を受賞

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

ちょうどあれは平和条約でサンフランシスコで、あのときも15代鵬雲斎のお供いたしまして、サンフランシスコのDe Young Museumというところでお茶を3日間ばかり。日本のお茶と言うのは「和敬清寂」、何のためにお茶を入れますか。お茶とはハーモニーですね。ま~やっぱし、尊敬という気持ちがなければそれは、それで「清寂」。清らかであり、ひとつの清寂ものであるものは和敬清寂をモットーにして、そういったのがお茶でございますので。 私たちはあらゆるところで、世の中が平和でゆくようにということで、平和条約の時もde Young Museumでお茶をいたしました。そして、あるサンフランシスコの大きなオペラハウスで、吉田首相でいっらしゃいましたね。I色々なんだか夢のような気持ちでございました。ああいうところで、立派にアメリカの大国で、日本の伝統文化をあのような場面でご紹介できましたこともやっぱりすばらしいと、感無量でごさいました。

日付: 2005年12月19日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ナンシー・アラキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

Chado san francisco tea ceremony

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団