「しかたがない」意識を超えて (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)私たちが被ったような、露骨で目に余る権利への侵害があった場合、人々は声を上げるべきです。「しかたがない」、という考え方は、もうたくさんです。みんなが声を上げなければならないのです。現在進行中のイラクにおける戦争についても、考えを口に出す少数派がいる一方で、大衆はブッシュ政権の方針にただ従っているように見えるのです。また、様々な民族背景を持つ人々が分別ある考え方をし、少しずつ声を上げるようになってきていますが、それでも多くの人々が、屈従した方がいいと考えているように見受けられるのです。例えそれが極めて困難なことであっても、私たちが政府を相手取り行動に移したように、人々は考えを口に出さなければならないと思います。もちろん私たちの訴えは最終的に認められた訳ですから、私たちは運がよかったと言えるとは思いますが。

日付: 2006年5月9日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: リサ・イタガキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

civil rights redress resistance

ニッケイ・ルーツ:私たちの文化の足跡をたどる

9月30日まで投稿を受け付けています。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団