刑務所 (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) 何についてお話しましょうか?刑務所のことを聞きたいですか?(咳払い)私たちはまず30日間隔離され、あらゆる検査を受けることになりました。その時初めてお尻を突かれたのですが、あまりの痛さに飛び上がって靴が脱げそうになるほどでした。それからIQテストも受けました。彼らは二世全員のIQが高かったことには驚いていましたね。

刑務所職員の多くが中西部出身者だったのですが、彼らはほとんど教育を受けることもなく、IQはかなり低かったのでしょう。そして私たちは投獄された後、刑務所内の職務で欠員のあった仕事を選ぶことができました。私は仮釈放担当事務所の仕事をしばらくの間していたので、大勢の受刑者の情報を得ることができました。兵隊の受刑者も多く、そのほとんどはヨーロッパから連れて来られていました。彼らの多くは、フランス人女性や派遣された先の国の女性に対するレイプや性犯罪で服役していました。その後私は板金やバケツなどを製造する板金加工所に移されました。そこでは職業訓練学校で学ぶのと同じくらいのスキルを身に着けましたよ。(笑)

日付: 2006年5月9日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: リサ・イタガキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

civil rights prison

ニッケイ・ルーツ:私たちの文化の足跡をたどる

「ニッケイ・ルーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団