新世代がつなぐ世界ウチナーンチュの輪

沖縄にルーツを持つ日系人たちの絆はなぜ強いのか、そして、文化とアイデンティティを次世代へといかにして継承させているのか?世界若者ウチナーンチュ大会の準備に取り組む人々へのインタビューを通して、その秘密に迫る。

community ja

第3回 「北米沖縄県人会百周年で琉球魂に開眼」(ジョーイ・カミヤさん)・「全世代、沖縄に関心がある人すべてに向けて」(グラムコウ・與古田樹さん)

第2回世界若者ウチナーンチュ大会は、2013年7月18日から21日までの4日間、ロサンゼルス郊外のトーランス・カルチュラル・アーツセンターを会場に開催される。テーマは「アイデンティティーの継承」と「グローバルネットワークの拡大・強化」だ。

大会当日、会場で撮影機材を抱えて忙しく働いている姿が想像できるのが、ジョーイ・カミヤさんだ。ロサンゼルス生まれ、サンタモニカのアートカレッジ卒の25歳のジョーイさんは、フリーランスで映像エディター・シューターとして働いている。彼がウチナーンチュとして開眼したのは、沖縄県人会創設100周年の準備のために映画制作を依頼されたことだという。それまでは父親側の沖縄よりも、母親側の本土側のアイデンティティーの方が強かったと振り返る。

「ウチナーンチュと言うよりも、一般的で包括的な日系人というイメージを自分に持っていました ...

lea más

community ja

第2回 「米生まれ、沖縄生まれの枠を越え、若者のネットワーク作りに尽力」 山内浩さん

2013年7月に開催予定の「世界若者ウチナーンチュ大会」のアメリカ側準備局のキーマンの一人、山内浩さんはロサンゼルス生まれの二世。インタビューの約束を取り付けようと何度か連絡を試みたが、タックスシーズンの最中、公認会計士として働く彼は大忙しの様子だった。「ごめんなさい、電話します」とメールが届くが、なかなかその電話は来ない。しかし、返事だけはしてくれた律儀さに、じっと彼の折り返しを待った。

そして、ある日曜の午後、北米沖縄県人会のオフィスでやっと会えることになった。彼がいると言われた場所に行くと、イベントの片付けに取りかかっていた浩さんは、一心に大きな鍋を洗っていた。仕事で多忙にもかかわらず、県人会の活動にも汗を流す姿に少なからず感銘を受けた後、インタビューが始まった。

「県人会とはいつかかわっていたか?子供の頃から県人会のピクニックや運動会には沖縄出身の親が連れてきてくれたものです ...

lea más

community ja

第1回 「アメリカのウチナーンチュの魅力、世界に伝えたい」山内優子さん

2012年7月に南米ブラジルのサンパウロで開かれた世界若者ウチナーンチュ大会が、2013年には舞台をロサンゼルス郊外トーランスに移して開催される。同大会は、沖縄にルーツを持つ移民たちが、5年に一度、故郷の地、沖縄に世界中から集まって祝われる世界ウチナーンチュ大会の若者版だ。

移民の祖先たちが日本の出身地に集結する話は、他県では聞いたことがない。しかも、沖縄の場合、20代から30代の新世代が中心となって企画運営に取り組む若者大会まで海外で開催されているのだ。若者大会の主催元は、若者ウチナーンチュ連合会沖縄本部。代表の玉元三奈美さんは昨年秋に北米沖縄県人会を訪れ、日米双方が協力し、大会の成功をめざそうとアメリカ側に呼びかけた。玉元さんに同イベントに関与することになったきっかけを聞くと以下のような答えが返ってきた。

「オーストラリアに留学した時に、現地の方が日本は知っていても沖縄のことをあまり知らなかったこと、日本の内地の人と自分の言葉のイントネーションが違うことに初めて気づいたことで、沖縄はユニークな土地だという意識が芽生え、私の中にも郷土愛が生まれました。そこで世界にもっと沖縄のことを知らせたい、世界に広がる若者世代のウチナーンチュをネットワークでつなげたいと思ったのが ...

lea más