日系仏教徒らの戦争

戦後65周年特別企画として『仏教タイムス』(2010年7月)に紹介された連載記事から、3人の日系人仏教徒ならではの戦中・戦後体験記を紹介します。

war ja

第3回 母を殺した国の兵として -水野ハリー義徳さん-

第二次大戦中、多くの日系人が「敵性外国人」として強制収容されたが、同時に、多くの日系人が米国の兵士として戦場に赴いた。強制収容所に親を残したまま、そこから志願して兵役に就いた日系の若者たちもいた。彼らは、その屈折した心情を晴らすかのように、戦場で数々の殊勲を上げたが、第二次大戦後、米陸軍の軍属(アーミー・シビリアン)として日本で働き、軍事情報部(MIS)部員として朝鮮戦争に従軍した水野ハリー義徳さん(83)=ユタ州ビンガム出身=の場合、屈折の度合いはさらに大きかったのではないかと思われる。小さいころから仏教徒として育てられた水野さん。米軍による空襲で母親と妹が殺されたことを知った上で ...

lea más

war

第2回 自問の中、仏教と出会う -長谷川良子さん-

第二次大戦時の日系人強制収容は、米国史における大きな「汚点」として、1988年に当時のレーガン大統領が謝罪、収容された人たちには一人2万ドルの補償金が支払われたが、一方で、日本舞踊や詩吟、そして各種の文芸まで、収容所の中でさまざまな日本文化が育っていったのも事実だった。収容所が大勢の人たちに、日本文化との「出会いの場」となったのだ。仏教と出合った人もいた。後に曹洞宗北米別院禅宗寺の婦人会会長を務める長谷川良子さん(86)も、そんな一人だった。

戦争が始まった年の春、長谷川さんは米国に戻った。出身はカリフォルニア州北部の街ヘイワード。6歳の時に両親に連れられて神奈川県小田原市へ。二人の弟とともに祖父母の下に預けられ、以来、日本での生活を送っていたが、戦争の足音が次第に大きくなってきたので、両親が待つサンフランシスコに戻った。

しかし、それからわずか半年後に日米戦争が勃発。それに続き、強制収容されることになるなどと一体だれが想像できたであろう。西部諸州に住んでいた日系人約12万人の強制収容である。

「本当に混乱しました。呆然として、『なんで』『なんで』って。まったくわけが分からなかったんです」。これでは、まるで強制収容されるために米国に戻ったようなものではないか。

長谷川さんらは最初、サンフランシスコ近郊のターラックという所に急設された「アセンブリーセンター」と呼ばれる集合所に送られた。内陸部に収容施設ができるまでの臨時収容施設だった。

長谷川さんはそこで、後に曹洞宗北米開教総監となる鈴木大等氏と出会う。鈴木氏は日曜学校のような集まりを毎週開いており、般若心経の教えを説いていた。運命の出会いだった。

「呆然として、何をしにアメリカに戻ってきたのか自問ばかりしていた時に聞いた般若心経の教え。心を和やかにしてくれたし、信仰の大切さを教えてくれました」

ターラックから長谷川さんらはアリゾナ州ヒラにできた収容施設に。さらに、そこからカリフォルニア州北部のツールレークの施設に送られた。長谷川さんはいわゆる「ノー・ノー組」だった。

「ターラックから鈴木先生がどこに送られたのか分かりませんでしたが、ツールレークでは意外とみんなしっかりしていて、収容所のバラックを住みやすいように工夫するなどしてました」

ツールレークは計10カ所に造られた強制収容所の中で最も多くの日系人が収容された所で、最高時で一万九千人が収容された。それだけに日本的な雰囲気は強く、さまざまな文化活動が行われ、それぞれのブロックには日本語学校もできた。

「国民学校と呼んで、第一から第八までありました。私は第一国民学校で教科書を作るのを手伝ったのですが、そこで教師を勤めていた主人に会ったんです。やはり小田原の出身で、その時はただ『同郷の人』というだけだったのですが、心に残った人でした」

ツールレークでも日曜日に仏教の説教があったが、ほとんど行かず、そして終戦。長谷川さんらはサンフランシスコに戻ったが、強制収容で財産を失ってしまっていたために、暮らしの建て直しは大変だった。戦前には果樹園を経営していたが、戦後は商売するだけの資金はなく、両親はそろって洗濯屋に勤めた。長谷川さんと弟二人は、スクールガール、スクールボーイという戦後の出発。「そうしなければ、学校にもう行けませんでした」

その後、ロサンゼルスに戻っていた夫と遠縁の親戚を通じて再会し、1949年に結婚した。禅宗寺で式を挙げたが、司式を務めたのが何とターラックの鈴木大等氏。「縁というものを感じました」

結婚を機に仏教にのめり込んでいった ...

lea más

war ja

第1回 ツールレークから広島へ -安孫子洋さん-

今年は終戦から65年。戦争の記憶は年々風化の一途をたどるが、第二次大戦中に「敵性外国人」として強制収容所での生活を余儀なくされた日系アメリカ人や、まさにその強制収容所から兵役に志願した日系二世にとって、戦争の記憶はいまだに鮮明だ。その中には多くの仏教徒がいたが、そこには、仏教徒ならではの「戦争」や「戦後」があった。

* * *

西本願寺ロサンゼルス別院の現輪番、安孫子洋さん(69)=ロサンゼルス出身=が強制収容所に送られたのは、満一歳のころだった。母親と2歳半年上の兄とともに、アーカンソー州のジェローム収容所に収容された。そこからカリフォルニア州北部のツールレーク収容所に移され、そこで開戦直後にFBIによりニューメキシコ州の抑留所に連行されていた父親の義孝さんと合流。終戦の年の12月に日本に行った ...

lea más