「米國日系人百年史」を読み直す~パイオニアたちの記録をたどって

1960年代はじめ、全米を取材して日系社会のルーツである初期の日本人移民の足跡をまとめた大著「米國日系人百年史」(新日米新聞社)が発刊された。いまふたたび本書を読み直し、一世たちがどこから、何のためにアメリカに来て、何をしたのかを振り返る。全31回。

community ja

第11回 オレゴン州の日系人~その2

第10回 オレゴン州の日系人~その1を読む>>

カリフォルニア州とワシントン州の間に位置するオレゴン州。漢字では央州とも記すオレゴン州の日本人移民もまた、白人社会からの排日運動や攻撃を受けてきた。「百年史」では、排日の歴史を時代をわけてまとめている。概要は以下のとおりである。

初期の動きとしては、1910年に日本人による農業が盛んだったフッドリバー地方でアジア人排斥協会が設立され、新聞や演説で排日運動が展開された。排日関係の法案も州議会に提出され、最終的には議決された。


トレド市で、排日暴動事件
 

1925年には太平洋岸のトレド(Toredo)市で排日の暴力的な一大事件が起きた。

「二〇〇名に及ぶ暴徒は米国旗を先頭に押立て央州トレド市太平洋スプルース製材会社工場に勤労中の邦人キャンプを襲い、予め不穏の挙のある事を察知し会社より配置した五名の護衛人に重軽傷をおわせ、狂暴の一団は屋内に乱入し、日本人に即時退去を強請し、自動車に乗せ ...

lea más

community ja

第10回 オレゴン州の日系人~その1

太平洋岸のオレゴン州は、北はシアトルやタコマのあるワシントン州、南はサンフランシスコ、ロサンゼルスのあるカリフォルニア州の間に位置する。漢字で表わせば、カリフォルニアが「加州」と表記されるのに対し、ワシントン州は「華州」、さらにオレゴンは「央州」と表わされているが、これはほとんど知られていないのではないか。

こうしたアメリカの地名の漢字表記は、日本でも今は使われることはなく、日系人のなかでも理解されないことを考えると、一世、二世の日系人をとりまく独自な文化として忘れられていくかもしれない。


漂着した日本漁船員が最初の日本人
 
 
さて、「米國日系人百年史」では、第四章オレゴン州として40ページを割いている。まずオレゴン州の概説からはじまり ...

lea más

community ja

第9回 「中部加州」の日系人

第8回「南部加州の日系人 ~ その4」を読む >>

各州別に日系人の足跡を紹介している米國日系人百年史を、これまでカリフォルニア州のページから眺めてきた。北部加州(北カリフォルニア)で1回南部加州(南カリフォルニア)は4回にわたって紹介した。カリフォルニアの最後は、フレスノ(Fresno)をはじめとする中部加州(Central California)の日系人についてのおよそ60ページを読んでいきたい。

百年史は各地の地理についても詳しく記している。中部加州については、「中部加州とは、(略)コーストレンジ沿岸山脈とシエラネバダ山脈の中間に位置し東西約五十哩 ...

lea más

community ja

第8回 南部加州の日系人~その4

第7回 「南部加州の日系人 ~ その3」を読む >>

1000人以上にのぼる個人史が集積

米國日系人百年史は、第二篇で各州における日系人の足跡を追っていて、そのなかでカリフォルニア州が約半分を占めている。一方の足跡については各州、各地域ともページのほとんどを数多くの日系人の個人と一部団体の紹介で埋めている。

その数は、1000人以上にのぼる。実際にどのような形でこうした情報を集めたのかは不明だが、編集責任者の加藤新一氏が直接インタビューなどに走り回ったことは記録に残っている。

南カリフォルニアでも100ページほどをこうした個人などの紹介にあてている。そのスタイルはほぼ決まっている。

「職業など肩書き」、「氏名(日本語とローマ字表記)」、「日本での出身県」、「アメリカでの住所」が列記される。そして、本文では、出身地と生年月日と両親の名前と家族構成からはじまり ...

lea más

community ja

第7回 南部加州の日系人~その3

第6回 「南部加州の日系人 ~ その2」を読む >>

 ロサンゼルスに登場した幾種類もの日系人団体

 
ロサンゼルスに移住した日本人が排日の圧力など抗し、自らの権利を擁護するために「南加中央日本人会」を組織し戦争開始までその役割を果たしたことを前回紹介した。そのほか、ロサンゼルスには戦前から戦後を通じて、あるいは戦後になって経済、教育、宗教などさまざまな領域で日系人による各種団体が誕生し活動してきた。

「百年史」が細かくまとめているこうした団体の役割と活動について以下紹介したい。

その代表格「南加日系人商業会議所」は、戦後4年の1949年9月に発足がきまり、9月13日に都ホテルで第1回の理事会が開かれた。

「本会議所は優秀なる生産品、技術及びサービスを奨励し、よき市民を育成することによって南加に居住する全日系人の経済的社会的に並に一般的な福祉を増進するを以て主要な目的とする(第二条 ...

lea más