Misa Murohashi

Jefe de redacción del diario The North American Post. Se graduó de la Universidad de Sofía en el 2000 con una licenciatura en Economía y trabajó en marketing internacional. Desde el 2005, ha vivido en Seattle. Habiéndose dedicado a la crianza de dos niños por algunos años, obtuvo una maestría en Planificación Urbana en la Universidad de Washington en el 2016 y desde 2017, se encuentra trabajando como responsable de la edición en The North American Post. Sus principales temas incluyen problemas urbanos y las comunidades de inmigrantes asiáticos.

Última actualización en marzo de 2018

 

food en ja es pt

La historia del sake Gekkeikan – de Kyoto a los Estados Unidos

“Durante las fiestas de Año Nuevo, Maneki y Nikko Low servían sake y relish gratis a todos los que venían. Decoraban la mesa con un gran pez carpa de unos 30.48 cm especialmente enviado desde Japón, salado y asado, junto con los tradicionales platillos japoneses de Año Nuevo y platillos chinos especialmente preparados. Esto hacía que uno se olvidara de que estaba fuera. Dando propinas a las camareras, las hacíamos tocar el shamisen y cantar Okesa bushi y otras canciones populares. Así era la alegre escena de fiesta por Año Nuevo ...

lea más

community ja

インタビュー:めぐみ保育園園長・鈴木芳美さん

相手の気持ちを思いやったり、年長者を敬ったりという、日本的な常識やマナーが当たり前のこととして身に付くような幼児教育の場を作りたい。

— 鈴木芳美

おじいちゃまおばあちゃまたちに迎えられたシアトル移住

「英語も話せないままシアトルへ来た14歳の私を、日系1世のおじいちゃまおばあちゃまたちが迎え入れてくれたんです」と話すのは、めぐみ保育園園長の鈴木芳美さん。素敵な笑顔でテキパキとインタビューに応える姿からは、大らかな優しさがにじみ出る。

芳美さんは、父親が高校教員を辞めてシアトル日本人バプテスト教会の牧師に就いたことをきっかけに、中学生で母や姉と共に、父に付いてシアトルへ移住した。同教会は1899年に日系1世によって創設され、芳美さんがシアトルに来たばかりの80年代当時は日系1世の年長者たちが教会コミュニティーの中心にいたという。「日本以上に日本的な社会がアメリカにあることに驚きました。おはぎを作ってもらったり、舞踊を教えてもらったり、本当に良くしていただきました」

高校時代には教会近くの高齢者向けアパート、川部メモリアル・ハウスで配膳のアルバイトをし、そこでも日系1世の住人たちと親交を深めた ...

lea más

community ja

シアトル「日本町」を知る -戦中・戦後編-

戦前編 >>

シアトルのマイノリティ文化を象徴する場として

シアトル・ダウンタウン南に位置するインターナショナル・ディストリクト。その一角に残る日本町。戦前の最盛期には8,500人程の日系移民がそこに暮らし、ビジネスを営んでいた。しかし、太平洋戦争開戦後の大統領令により、すべての日系住民は強制収容所へ送還された。戦前の日本町を紹介した前回に続き、ここでは戦中から戦後、そして現在に至るまでの日本町の変貌を追う。


日系人強制収容と、残された日本町

2015年12月、ワシントンDCで行われた米国帰化移民らの会合で、オバマ前大統領は「日系移民を強制収容所に監禁したのは米国の最も暗い歴史の一つだ」と挨拶した。75年前の同月、フランクリン ...

lea más

community ja

シアトル「日本町」を知る -戦前編-

祭り、銭湯、歌舞伎、「小さな日本」がそこにはあった

シアトル・ダウンタウン南に位置するインターナショナル・ディストリクト。その一角に残る日本町。戦前の最盛期には8500人程の日系移民がそこに暮らし、ビジネスを営んでいた。シアトル日系移民のはじまり、最盛期の華やかなる時代の姿、そして現在に残る面影を、北米報知社インターン生がたどる。


1880年代にさかのぼる日系移民の歴史

シアトルにはかつて、北米最大規模の日本町があったことを知っているだろうか。1930年には約8500人の日系人が住み、ロサンゼルスに次ぐ規模であったという。インターナショナル・ディストリクト周辺、特にジャクソン・ストリートとメイン・ストリートを中心に日本人経営の商店が集まり ...

lea más

community en ja

Memorial service held for Issei found in forgotten Queen Anne graves

Early Japanese immigrants rest in untended graves atop Queen Anne Hill in Mt. Pleasant Cemetery. Last December 24, two Buddhist priests from the Koya-san Shingon sect visited the graves from the Bay Area in California to hold a memorial service. Consul General Yoichiro Yamada, Sushi Chef Shiro Kashiba and others rounded out a group of about 10 people who attended the service.

“For some reason, I felt a sense of mission when I heard about these early Japanese immigrants who ended their lives across the waters in the US and are in untended graves,” said Emi Ejiri, who goes by ...

lea más