Elija un idioma principal para aprovechar al máximo nuestras páginas de la sección Artículos:
English 日本語 Español Português

Hemos realizado muchas mejoras en las páginas de la sección Artículos. ¡Por favor, envíe sus comentarios a editor@DiscoverNikkei.org!

マイアミビーチ誕生に貢献した日本人: 100年前の原野から世界のリゾートへ ~ その1/3

毎朝テレビの天気予報では、江ノ島と湘南海岸の様子がよく映し出される。海面に半身を出したマッコウクジラのようにも見える島とその周辺のビーチは、首都圏の海沿いの観光地としても知名度が高いので、便利に使われるのだろう。

いまは、海水浴客などでにぎわうこの観光スポットは、神奈川県の藤沢市に含まれる。両隣の鎌倉、茅ヶ崎の2市などと併せてこのあたりの太平洋岸一帯の海岸は湘南海岸と呼ばれるが、そのほぼ中央にシンボル的に浮かんでいるのが江ノ島である。

江ノ島(藤沢)とマイアミビーチ

かつて地元の観光協会では、一帯を“東洋のマイアミ”として広く宣伝しようとしたことがある。

米フロリダ州にあり、避寒リゾートとして世界的にも有名な地名にあやかって同じ海沿いの観光地である地元を売り出そうとしたのだった。

それがきっかけで、1959年には、藤沢市はマイアミビーチ市と姉妹都市提携を結ぶことになった。

最初はマイアミ市に姉妹都市提携を申し入れたのだが、同市はすでに別の都市と姉妹都市提携しており断られた。しかしこれを聞いたマイアミ市の東隣に位置するマイアミビーチ市から、逆に藤沢に申し入れがあり提携が実現したという。

「当時はマイアミは知っていてもマイアミビーチ市の存在は知らなくて、マイアミと提携したと思っていた人もいたようです」

と、現在民間レベルで交流を図る湘南マイアミビーチ市親善協会の角田義晃事務局長は話す。

しかしそれも無理はないことで、大西洋岸のフロリダ半島南部の地理など日本人には馴染みはなく、マイアミの名前だけは南国のイメージがあったものの、マイアミビーチとの区別はなくて当然だった。

Google マップより

上の地図を見ていただければ分かるように、マイアミ市とビスケーン湾を挟んで南北に細長く延びている砂洲のような島がマイアミビーチ市だ。

“島”は18.2平方キロメートルで人口が約88000人。ほとんど海に囲まれていて、ビーチ沿いには高層ホテルやコンドミニアムが立ち並び、通りには大きなパームツリーが植えられ、アメリカのリゾート地らしく派手で華やかだ。

いかにも人間が造り上げたリゾート

米国という国自体がもともと何もなかったところに、短い歴史のなかで新たに道路を張りめぐらし町をつくっていって開発されてきたわけだが、とりわけフロリダのビーチ沿いのリゾートを訪れてみると、いかにも近代に入って人間が造り上げたという感じがする。

今日のマイアミビーチの市内

自然や気候風土との関係のなかで時間をかけて形成されたのではなく、力で人間のアイデアを具現化したようなところがある。華麗で壮大、しかし、誤解を恐れずに言えば、人間の力を過信しているようなバカバカしさも感じる、そんな光景だ。

このスケールの大きなリゾートに比べれば、江ノ島付近はまことにかわいらしく、地味でこぢんまりとしている。何事も西欧に追いつき追い越せの高度経済成長期に“東洋のマイアミ”と称して、豪華なイメージを借りようというのは理解できる。

しかし、イメージとして描かれる、豪華なビーチリゾートの出現に一役買ったのは、実は日本人だったことはあまり知られていない。マイアミビーチにはニューヨークなどに在住の日本人や日本からも観光客が訪れるが、ここに日本人の足跡と功績があったことが知られることはほとんどない。

いまから100年ほど前、マングローブなどが群生する手つかずの土地を、リゾートに造り替えた開発事業に、田代重三と須藤幸太郎という2人の日本人が大きく関わっていた。

その2 >> 

 

* 本稿は、JBPress (Japan Business Press - 日本ビジネスプレス)からの転載です(2013年8月7日掲載)。

 

© 2013 Ryusuke Kawai, JB Press

florida Jyuzo Tashiro Kotaro Sudo miami miami beach