海外に憧れ調理師免許を取得

1万ドルで永住権取得 初めて来たときのアメリカの印象 海外に憧れ調理師免許を取得 移住当初の生活 日系人に助けられて ボーディングハウスでの荒れた生活 ゲイを相手にビジネス 移民船ぶらじる丸

Transcripciones disponibles en los siguientes idiomas:

大学の時にアルバイトでほとんど飲食関係、お弁当屋さんとかなんかで働いていて、それでお弁当屋さんの社長から、一応調理師免状を取る場合には許可をもらわなきゃいけないんですね、その人の、社長のサインを。それをもらって調理師免許、受かったんですね。それを持って。なぜ取ったかって言ったら、当時調理師免許取ってれば貨物か貨客船にただで船に乗れて外国に行けるんじゃないかなって考えで取ったんですけど。それはなくてこちらに来て、その当時、ガーデナー(庭師)やる前に、日本人街に来た時に日本食レストランが2、3軒きりなかったんですね。自分、調理師免許持ってますよって言ったら、もうびっくりしちゃって、逆に雇ってくれなかったんですよね。そういう凄い人はいらないっていうような感じで。

Fecha: 2015年8月4日
Zona: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: 渡辺 美津重
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

cooking license japanese restaurants Los Angeles migration

Raíces Nikkei: Indagando en Nuestra Herencia Cultural

Lea las historias de Raíces Nikkei >>

Reciba novedades

Regístrese para recibir actualizaciones por email

Journal feed
Events feed
Comments feed

Colaborar con el proyecto

Descubra a los Nikkei

Discover Nikkei es un espacio para conectarse con otros y compartir experiencias nikkei. Para que siga creciendo este proyecto necesitamos tu ayuda!

Manera de colaborar >>

Proyecto Japanese American National Museum

Principal patrocinador The Nippon Foundation