• en
  • ja
  • es
  • pt
インタビュー:キップ・フルベック

editor
Licensing

幼少時から自分のアイデンティティを意識

随分小さい頃から(アイデンティティについて)意識していました。ここ(ロサンゼルスのダウンタウン)から30分位のところにある Covinaで育ちましたからね。家族はニューヨーク出身のイギリス・アイリッシュ系である父を除き、全員が中国から来た中国人です。私の姉も兄も中国出 身の純粋な中国人ですし、いとこ達も全員そうです。家族中で父の子のハパ(混血)は私だけです。ですから、自分の意識の中では、私はいつも白人でした。中 国語も話さないし普通のアメリカ人の子供と変わらないと思っていました。でもあれは5歳の時だったでしょうか。初めて幼稚園に行った日のことです。当時白 人が集中する地域に住んでいたのですが、(幼稚園に)足を踏み入れた瞬間「うわ、ここはボクの居場所じゃない。学校中で(肌の色が)茶色い子はボクだけ じゃないか」と思ったんです。この時私はこのようなこと、即ち見かけや外見が周りの人達にとってはとても大きなことなのだと知りました。

Based on this original

Kip Fulbeck Interview #1: Early consciousness of identity
uploaded by editor
Interview Date: May 3, 2006 Location: California, US Interviewer: Jim Bower Contributed by Watase Media Arts Center, Japanese American National Museum  © 2006 Japanese American National Museum * Interview was ... More »


Nikkei Heroes: Trailblazers, Role Models, and Inspirations

Read the Nikkei Heroes >>

Get updates

Sign up for email updates

Journal feed
Events feed
Comments feed

Support this project

Discover Nikkei

Discover Nikkei is a place to connect with others and share the Nikkei experience. To continue to sustain and grow this project, we need your help!

Ways to help >>

A project of the Japanese American National Museum

Major support by The Nippon Foundation