• ja
メキシコ: 『海外事情写真帳』(1931)より

yn
Licensing

日本人歯科医

1917年の日本とメキシコの条約により、日本の医師免許がメキシコでも有効になった。
革命のあおりを受け、医師不足であったメキシコの解決策のひとつでもあった。

当時、メキシコ社会に友好的に受け入れたれていた日本人であったが、彼もその一人であるといえるだろう。

Based on this original

北條・飯田 両氏
uploaded by yn
北條隆一氏は長野県東築摩郡、飯田実氏は福岡県三井郡宮ノ陳村出身。両氏共未婚にして米墨中央の国境ノガレス市に於て歯科医を開業し、墨国人間に最も信頼厚く、多数の患者は結掛け非常に繁営しつつあり。又、北條氏は日本人間にも信用多く、同地にある日本人会会長である。 転載: 佐村 福槌、『御即位御大典記念-海外事情写真帳』(関門高等洋裁女学校、1931) *旧漢字は現在の常用漢字に直してあります。 *読みやすいよう、句読点を足してあります。 *漢数字はものによって算用数字に書き直してあります。 More »


Get updates

Sign up for email updates

Journal feed
Events feed
Comments feed

Support this project

Discover Nikkei

Discover Nikkei is a place to connect with others and share the Nikkei experience. To continue to sustain and grow this project, we need your help!

Ways to help >>

A project of the Japanese American National Museum


Major support by The Nippon Foundation