The Nikkei of Latin America and Latino Nikkei

Lic. Alberto Matsumoto examines the many different aspects of the Nikkei in Japan, from migration politics regarding the labor market for immigrants to acculturation with Japanese language and customs by way of primary and higher education.  He analyzes the internal experiences of Latino Nikkei in their country of origin, including their identity and personal, cultural, and social coexistence in the changing context of globalization.

war en ja es

Nikkei and War: 30 Years After My Participation in the Malvinas War

Migration from Japan officially began more than 150 years ago, starting with Japanese arriving in Hawaii, the United States, and Canada, and later Peru and Brazil just over 100 years ago. During that time, Japan has faced several wars, notably with China (1894-95), Russia (1904-05), and several Asian countries as a result of the imperial occupation that began in the 1920s. And finally, World War II, a grueling conflict with the United States. Each of these events brought a great deal of uncertainty and misery to Japanese migrants.

In the late 1930s, there were about 300,000 Japanese and Nikkei ...

Read more

community en ja es pt

Carlos Kasuga: An Example of Nikkei Leadership in the Americas

Any Nikkei leader in the Americas either personally knows or has heard of Carlos Kasuga because of his achievements as a businessman in Mexico, or because of his role in the Nikkei Panamerican Association. Not many are familiar, however, with the story of his migration from Japan to Mexico. According to the Encyclopedia of Nikkei of the American Continent Americano1, it all began with Enomoto’s efforts to establish a settler colony in Chiapas in 1897. Enomoto was quite the celebrity, having served as Minister of Foreign Relations in the Meiji government, although he had initially fought against the ...

Read more

community ja es

「国際日系デー」の意義〜次世代のアイデンティティー発見

2018年6月ホノルルで同時開催された「ハワイ日本人移住150周年記念式典」と「第59回海外日系人大会」の場で、6月20日が「国際日系デー」に制定された1。この「国際日系デー」を提唱したのは、沖縄県名護市に在住している日系アルゼンチン人のアンドレス比嘉さん2と日系ペルー人のアンドレス正(ただし)伊佐さん3である。沖縄出身の先祖を持つこの二人4は、世代が進むにつれてルーツが薄ていくことに危機感を持ち、2015年から「世界ウチナーンチュの日 ...

Read more

community ja es

日本の外国人労働市場:ロボットやAI導入による今後の影響

日本には約300万人の外国人が居住しており、そのうち就労者は166万人である。前年と比べると13%増加している1。その理由は、経済連携協定(EPA)締結によって、ここ数年アジア諸国からの技能実習生が増加したからである2。日本の外国人労働市場の7割はアジア諸国からの労働者が占めており、その多くは技能実習生として単身で来日している。出入国在留管理庁によると、2019年12月現在、40万人が技能実習ビザで在留しており、その半分以上はベトナム国籍、次いで中国、インドネシア、フィリピン、ネパールの順にある3。他方、就労者として在留している。ブラジル人は13万人 ...

Read more

community ja es

2018年ラテンアメリカの次世代日系人の実相調査についての考察: 第3部 キューバ

第2部 アルゼンチン >>

外務省中南米局は、2018年10月から11月にかけてキューバでも日系社会の実相調査を行った。調査の行われた2018年、キューバは日本人移住120周年という節目の年を迎え、首都ハバナでは日本国大使館などの主催で様々な記念行事が行われた。驚きかもしれないが、ペルーやブラジルに移住した日本人より長い歴史を持っているということである。そして2019年は日本キューバ修好90周年記念の年だった。現在のキューバの日系人総数は約1200人。日本人移民に関するスペイン語と日本語の文献はいくつかあるが1、現在の日系社会の実態についてはほとんど知られていない。そのため、本調査でキューバが対象国となったことはとても意義のあることで、今後のJICA事業や二カ国間の協力関係に役立てることができるのではないかと思われる2。今回は、その調査結果について報告する。


調査参加者114人

2018年10月から11月にかけて全国各地の日系人を対象にアンケート調査を行った。回収された調査票は114人分で、首都ハバナが33人、フベントゥー ...

Read more