Imagine Little Tokyo Short Story Contest II

The Little Tokyo Historical Society conducted its second annual short story (fiction) writing contest which concluded on April 22, 2015 at a reception in Little Tokyo in which the winners and finalists were announced. Last year's contest was entirely in English whereas this year's contest also had a youth category and a Japanese-language category, with cash prizes awarded for each category. The only requirement (other than the story could not exceed 2,500 words or 5,000 Japanese characters) was that the story had to involve Little Tokyo in some creative manner.

Winners (First Place)

Some of the Finalists to be featured are:

      English:

      Youth:

      Japanese (Japanese only)


*Read stories from other Imagine Little Tokyo Short Story Contests:

Imagine Little Tokyo Short Story Contest I >>
Imagine Little Tokyo Short Story Contest III >>
Imagine Little Tokyo Short Story Contest IV >>
Imagine Little Tokyo Short Story Contest V >>
Imagine Little Tokyo Short Story Contest VI >> 

culture en

Floating Home

Life is a river 
Shall I fight the current or 
Let go and float home

Papa removed his hat and leaned into the cab window. “Can you take us to First and San Pedro?” he asked.

“Sure. Get in.” The cab driver snuffed his cigarette in the ashtray before getting out to open the trunk. Papa tossed in our suitcases, then took the front seat. Mama and I scooted into the back.

“Why didn’t Papa give him the address to our house?” I whispered.

She put her finger to her mouth. “Shhh!”

She’d been doing that a lot ...

Read more

war ja

MITATE CLUB

ネットオークションの最後15分で値が吊り上がって、目当ての小引き出しは、78,000円になった。5000円までと決めていたのに、競り合いになってヒートアップしてしまった。

送られてきた品物は、思ったよりしっかりしていた。上段の引き出しは二つに仕切られ、中段、下段は仕切りがない。上段を開けてペンやハサミを入れた後、私は下段を開けた。下段は、少し引き出しが斜めになっていて、何か引っかかっているみたいだったので、気になったのだ。

案の定、引き出しが出てこない。ぐっと手前に引っ張ると、開くには開いたけれど、何かが変だ。中段を開けてみる。中段と下段では引き出しの高さが違っていた ...

Read more

community ja

ホテルの男

その地区一帯は歴史保護地域に指定されていて、古い建物を勝手に倒したり、大きく改築したりできないことになっている。ホテルに続き小さな商店やレストランが並び、その終わりの壁には、歴史建造物指定のエッチングの表示があった。

一街の通りは、三階建て四階建てのビルディングが隙間なくびっしりと並んでいる。建物と建物の間は隙間がほとんどない。一階には食堂や土産物屋、雑貨店、宝石店が並んでいて、二階以上をホテルや下宿屋がしめている。全てが100年以上の建物だ。

やす子が何度も泊まるホテルは、入り口のガラスのドアを開けると、幅の狭い階段だけがあった。二階以上が客室だった。エレベーターがないから、その狭い急な階段をスーツケースを引きずりあげるのに、喘いだものだが、二回目からは下から声をかけると若いフロントの手伝いが飛んできてくれた。「あ、きたきた。ほいほい ...

Read more

community ja

リトルトーキョー太神楽

“Wow! Mom look at that guy juggling so many balls!”

小さい男の子の声が耳をかすめる。まだ練習したての僕のジャグリングに喜んでくれるのはうれしいが、やっぱり少し恥ずかしく、くすぐったいような気持ちだ。そして、またいつものように、リトル東京の街角を人が過ぎゆき、僕は風景の一部になって時間だけが過ぎる。浅黒くなった肘から先がまるで別の生き物のように、目まぐるしく落ちてくるボールを拾いにいく。この時ばかりはカリフォルニアの太陽がもう少し柔らかかったらいいのにと思ってしまう。

身体は、いっぱしのジャグラーの演技をしたまま、僕の心は東京を旅立ち、ここロサンジェルスに来てからの様々な思い出を ...

Read more