Toshimi Tsuruta

静岡県浜松市出身。桜美林大学経済学部卒。浜松学院大学日本語教師養成講座修了後、JICA(国際協力機構)日系社会シニアボランティアとしてブラジル国アマゾナス州マナウス市に派遣。2010年から2013年まで西部アマゾン日伯協会を中心にアマゾナス州、アクレ州、ロライマ州、ロンドニア州の日本語教育機関にて活動。帰国後はJICE(一般財団法人日本国際協力センター)の日本語教師として就労準備研修を担当する一方、地元浜松市のFM Haro!で在日外国人も楽しめる日本語とポルトガル語の番組『AMIZADE HAMAMATSU』のパーソナリティとして、またプロフェッショナルバスケットボールチーム『浜松・東三河フェニックス』のアリーナDJとしても活動中。

(2015年6月 更新)

community ja pt

アマゾンのジャングルに観た日系社会

高拓生80周年記念式典

2010年8月12日。

「せっかく日本から来たのだから、まずビラ・アマゾニアを見学するといいよ。」

JICAの調整員と一緒に初めてパリンチンスを訪れた際、当時の副市長の計らいでビラ・アマゾニアを訪問する機会に恵まれた。ビラ・アマゾニアは、かつて高拓生(日本高等拓殖学校卒業生)とその家族が住み「アマゾニア産業研究所」を経営していた入植地である。彼らは、アマゾンのジャングルの中でジュート栽培を成功させた日本人たちとして知られており、彼らの本拠地であった『八紘会館』という建物は、本当に素晴らしい神社のような建物だったという。出発前にマリオ武富パリンチンス日伯協会会長(当時)が古い資料を見せながら一生懸命説明してくれた。

パリンチンス市の港から定員10名ほどの小型船に乗り込み、アマゾン川を下ること約1時間。対岸に目的地が見えてきた。ジャングルの中にポツンポツンと木でできたみすぼらしい家が並んでいる。そこがビラ・アマゾニアの港だった。港には木造の掘っ立て小屋のようなお店が一軒あるだけ。生活必需品を揃えるためのスーパーマーケットもなく、他には教会、学校があるのみだ。

港から100メートルほど歩くと、原っぱが見えてきた。4mほどの木の棒に『Hakko-Kaikan』と書かれている。かつて『八紘会館』があったこの場所には、建物の基礎部分だけが残されていた。プラッサと呼ばれる数十m先の広場には、日本を表す大きな赤い鳥居とジュート栽培の様子を模したモニュメント、そしてジュートの父である尾山良太さんの胸像が据えられている。水道施設の鉄骨がむき出しになっているのが見える。ここには病院があったという。当時、日本人が住んでいた家屋はもうほとんど残っていない。現存しているもののうちのひとつには、現地のブラジル人が住んでいた。

マリオさんが言った。

「さあ、暗くならないうちにモトタクシーで学校とお墓に行くぞ!」

小さい町だからオートバイのタクシー(モトタクシー)を見つけるのも大変だ。ちょっと太目のマリオさんが一台に、私と調整員は無理やりもう一台に乗り込む。まさか、アマゾンのジャングルでバイク3人乗りをすることになるとは思わなかった。

まず、我々がたどり着いたのは、高拓生の父上塚司氏の名前をそのまま用いた「ウエクサツカサ学校」だった。日本人のアマゾンでの功績を讃えて、パリンチンス市内、また近郊には、日本人の名前がついた学校や病院、建物が多く見られる。マリオさんは、高拓生80周年の記念式典について、学校のスタッフになにやら一生懸命説明をしているようだった。

2台のモトタクシーは、ジャングルの中をさらに奥に進んでいく。道路は舗装道路から、砂埃の舞う土の道に、さらに雑草が生い茂るでこぼこの獣道に変わっていった。道なき道を進み、丘を上るとそこには小さい墓地があった。現地の方のものだろう。木でできた手作りの貧弱なお墓が立っている。ブラジルのお墓らしく色とりどりだが、それがまた痛々しい。朽ちて倒れそうな十字架も多い。そして、その奥には荒れ果てた草むらに割れた石板やコンクリートの塊が散らばった荒地が広がっている。

「トシミ、見てみろ。ここが高拓生の墓地だ。」

「ええ?どうしてこんなに酷いの?」


この荒れ地こそが70年も80年も前にここで命を落とした人たちのお墓だというのだ。戦中、戦後現地の日本人は言葉も財産も土地も全て没収された。日本人は、死んだあとお墓の中に財産を入れるという噂がたったとかでずいぶんと盗掘にも遭ったらしい。盗掘に遭った後、割られてしまった墓標などは、あろうことか現地の貧しい人たちが自分たちのお墓を作る時に土台などに使ってしまったという話もある。悲しくなるぐらい目茶苦茶な話だ。日本から大きな夢や希望をもってやってきた若者たち。そして、ここに呼び寄せられた家族やここで結婚された方もいるだろう。うっそうと茂る草むらの中で、墓は原型をとどめることなく悲惨な姿を晒すのみだった。この日、私が墓碑として判別できたのは石版二枚だけ。一つの墓碑には、日本人の名字と1939・9・4-1940・2・18という数字が書かれている。それは、生まれて一年もしないうちに天国に逝ったと思われる子供のものだった。

「2011年の6月は、高拓生が初めてビラ・アマゾニアにやってきてからちょうど80年になるんだ。80周年の記念式典の前に、私はこの荒れ果てた墓地をきれいにするつもりだ。このままでは、先人たちに申し訳ない。式典は6月。必ず成功させるよ。」

マリオさんは力強く言った。

 

Read more

community ja pt

アマゾンのジャングルに観た日系社会

パリンチンスの日系人 ~その2

その1を読む >>

JICAでのブラジルにおける私の活動内容の一つに、西部アマゾン地域に点在する日本語教育機関への巡回出張というものがあった。アマゾナス州マナウス市を中心にアクレ州リオブランコ市、ロライマ州ボアビスタ市、ロンドニア州ポルトベーリョ市と各州の州都にある日系団体の手伝いをするというものだ。JICAの青年ボランティアが派遣されている場所では、一緒に授業を行ったり、日本文化を伝えるためのイベントを企画したりもした。パリンチンス市は州都ではないが、パリンチンス日伯協会という日系団体が存在している。

2010年、会長であるマリオ武富氏が中心となって日本語教育が始まった。市内の中心部に位置する「キムラ語学センター」での日本語クラス。市内の郊外にある「イノマタタダシ学校」(アベニウザ・トクタ校長)での幼児対象の日本語クラスがそれである。戦前から日本と深い関係で結ばれるこの街で長い間日本語教育が行われてこなかった影には歴史的にも深い事情がある。

このジャングルの小さな街の住民のルーツはほとんどがインディオで、その多くはパリンチンスを離れたことがないが、中にはデカセギとして日本で働いていたものもいる。1980年代以降、日本経済を支えるために多くの日系人が日本にやってきたが、この街の日系人も貪欲にそのチャンスを逃さないでいた。

街には日本人の名字や名前を模した学校なども多く、親日家も一見多そうだが、デカセギ帰りのものを除いては、日本語を話せるものはいないし、日本に対する知識もほとんどない。現在この街に住む純粋な日本人は、スーパーマーケット「カーザソニー」の主人である戸口久子さんのみになってしまった。

なぜこんな陸の孤島に日系人が存在するのか。街の中心にある金色の胸像「上塚司」とは誰なのか。そこには「コータクセイ」という大きなキーワードが見えてくる。コータクセイ=高拓生。日本高等拓殖学校卒業生のことである。 

1930年代、地球の反対側、アマゾンに産業を根付かせようとする一大プロジェクトがスタートした。アマゾンのジャングルを開拓しようという壮大な計画だ。日本国内の日本高等拓殖学校(創立時は国士舘高等拓殖学校)で農業などを一年間勉強した後、アマゾンの開拓リーダーとなるべく現地アマゾンに渡りジャングル開発にあたる。この学校の校長でありプロジェクトのリーダーが、当時衆議院議員だった上塚司氏である。

彼ら第一回の高拓生が初めてアマゾンにやってきたのが1931年(昭和6)6月のこと。ビラアマゾニアと呼ばれるパリンチンス郡の一角に作られたアマゾン産業研究所を中心に慣れない熱帯の気候の中、病気や習慣と闘いながら逞しく生きてきた。第1回47人の移住者を皮切りに、1938年までに高拓生とその家族ら401人が「アマゾニア産業研究所」経営の移住地に入植した。

彼らは肥沃なアマゾン川の湿地帯を利用してジュート麻の栽培を研究。大変な苦労の末、栽培化に成功した。ジュート麻はコーヒーや米袋として利用されていたが、当時はインドからの輸入に頼っていたため、高拓生が実現させた大量生産は、ブラジルの経済までも変えることになる。それまで輸入していたジュートを反対に外国へ輸出できるまでになったのだ。

その後、アマゾニア産業のこのプロジェクトは、第二次世界大戦においてブラジルが連合国側に加盟したため、ブラジル政府に没収されてしまう。ただ、この地に日本人がもたらしたは順調に発展し、アマゾンの人々の生活向上に大きく貢献したのである。戦争中没収された土地や財産は戻ることはなかった。そして、それは日本語についても同じで、戦争中に禁止された日本語教育がまた再開することになるまで何十年もの月日が過ぎてしまった。

「これが当時の写真だろ。こっちは彼らの本拠地ビラ・アマゾニアの地図だ。ほかにもまだまだ貴重な資料があるんだ。よし、今度は入植したときの古い映像を見てみよう。」

パリンチンス日伯協会マリオ会長は、我々JICAボランティアを前に事あるごとに、どれだけ高拓生が地元に強い影響を与えたか、どれだけその恩恵を受けているかなどを興奮して話したものだった。

 

Read more

community ja pt

アマゾンのジャングルに観た日系社会

パリンチンスの日系人 ~その1

世界各地に奇祭と呼ばれるものは数多く存在するが、アマゾンのジャングルの中にも変わった祭りがある。アマゾナス州第二の都市、人口11万人のパリンチンス市で毎年6月に行われる「ボイ・ブンバ」がそれである。

パリンチンス市までの交通機関は船か飛行機(プロペラ機)。アマゾン川とジャングルに遮断されているため、この街までの陸路はない。正に陸の孤島なのだ。

毎年、ボイ・ブンバの時期になると世界中からこの島に向かって大勢の観光客が押し寄せてくる。街の船着き場には、上流のアマゾナス州マナウス方面から、そして下流のパラー州ベレン方面からすさまじい数の船がやってくる。

祭りの間中、アマゾン川に浮かぶ多くの船の上には、鮮やかな色のハンモックが隙間なく並ぶ。これは、ホテルに泊まることができない観光客の寝床で、昼間はアマゾン川に吹く風に揺れながら訪問客の疲れを癒してくれる。

ふだんは朝、夕と一日二本しか飛ばない定期便のプロペラ機も、この時期だけは州都マナウスから何往復もして観客をピストン輸送することになる。市内の中心にあるブンボードロモで行われるボイ・ブンバのチケットは、サンパウロなどの大手の旅行社が買い占めてしまうため、毎年入手困難で高額で取引されるほどだ。

アマゾン最大の奇祭「ボイ・ブンバ」とは、ガランチード(チームカラーは赤・白い牛を祀る)とカプリショーゾ(チームカラーは青・黒い牛を祀る)の二つのチームが毎年6月の最終週3日間に渡って、歌とダンスを競い合うというもの。ジャングルの中に古くから住むインディオのリズムや動きを取り入れたダンスと高さ十数メートルにもおよぶオリジナルの山車が見どころだ。

観客をも巻き込んだ一体感のあるパフォーマンスは圧巻の一言。リオのカーニバルにも負けないほどの熱気が会場を包む。会場のブンボードロモは真っ二つに分かれて赤と青に彩られ、参加者は狂乱の三日間を踊りと歌に酔いしれながら自分の贔屓のチームを応援する。その際のユニフォームももちろん全身赤か青かという徹底ぶりだ。

パリンチンスの市民の多くは、このボイ・ブンバのために1年間を生きていると言っても過言ではない。パリンチンスの街を歩くと青い家、赤い家が極端に多いことに気が付くだろう。街を走る車も赤や青。赤いシャツ、青いシャツを着ている人も多い。赤や青を普段から身につけて歩くのはチームに対する忠誠心の現れで、家をまるごと赤や青に塗るものも珍しくない。ふだん家庭で使うガスボンベも赤・青の2色が用意されている。また、クリスマスには赤いサンタクロース人形の横に当たり前のように青いサンタクロースの人形が売られている。

パリンチンスの空港に着くと、多くの看板が出迎えてくれる。ブラジルのほかの都市と違うところは、すべての看板や広告は赤と青の2色ずつ作られていることだ。みなさんは、コカ・コーラの青い看板というものを見たことがあるだろうか。パリンチンス市では、町のいたるところで青いコーラの看板を目にすることができる。赤を基調としたブラデスコ銀行のロゴマークも青を基調としたカイザービールのロゴマークも、この街では平等に赤も青も存在する。青いコカ・コーラの看板が見られるのも世界広しといえどもこのパリンチンスだけだろう。

ブンボードロモに併設されているのが、2014年にオープンしたボイブンバ博物館である。歴代の踊り子たちの衣装や豊富な写真や資料、見どころ満載の建物である。

「この衣装は襟のところに扇子が付いています。日本を意識したデザインです。こちらの牛の角は黒と白と黄色ですよね。黒はインディオ、白は白人、そして黄色は日本人を表しています。」2014年3月にこの場所を訪れたときにガイドさんが教えてくれた。

ボイ・ブンバが行われるブンボードロモの前には、日本風の広場があり、金色の胸像が鎮座している。何を隠そう、この胸像こそアマゾンのジャングル開発に尽力した日本人のものなのである。彼の名は上塚司。この街で彼の名を知らないものはいない。

私は3年間のブラジルでのJICA日系社会シニアボランティアの活動の中で、このパリンチンスには30回近く通ったが、通えば通うほどこの街と日本との密接な関係を知ることになった。非常に長閑でのんびりしたこの街を「ジャングルの楽園」と呼ぶ人も多いがそれも納得できるほど様々な魅力に溢れた場所なのだ。

その2 >>

 

Read more

community ja pt

アマゾンのジャングルに観た日系社会

日本人移民が持ち込んだ野菜 その2

その1を読む >>

「1960年から1964年ごろまでかな。父と兄たちは野菜売りをしていたんですよ。ぼくはちょうど13、14歳くらいでね。たまに手伝って売っていました。当時売っていたのは、大根、キャベツ。それから、キュウリ。サーレスの仲間(移住者やマナウスの日系人のみなさんはエフェジェニオサーレス入植地をサーレスと呼ぶ)は、苦瓜も売っていて、苦瓜を知らないブラジル人たちに『にがゴーリ』と言いながら売っていました」

「ははは。その当時は、今みたいにキレイな道はなかったでしょう?40キロもの道のりをどうやってセントロ(市街地)まで売りに来ていたんですか」

「トラックですよ。週に1、2回野菜を売りにいく日が決まってたんですけど、サーレスの連中は朝3時頃にはもう起きて、街に野菜を持ってくる準備をしていましたね。舗装なんてされていませんから、サーレスからセントロまでは1時間以上かかりましたよ。朝5時頃から野菜を売っていました」

観光客と物売りでごった返すマナウスのセントロを走るトヨタカローラの中、木場さんの話は止まらない。サーレスで農業を手伝った後、花屋やレストラン、カラオケショップを経営したり、通訳や旅行ガイドの経験まである木場さんだから、その話術は折り紙付きだ。

「逆に週に2回、市役所の買い物のトラックが迎えに来ていて、町までファリーニャ(マンジョーカ芋の粉末)、豆や米、そして野菜を買いに来ていたんだよね。その時はまだ野菜の種類が少なくて、マカシェイラ(ブラジルの芋。フライにして食べると美味しい!)、かぼちゃ、地元のボコボコしたトマト、ブラジルのデカイ茄子くらいしかなかったねえ。そうそう、そのちょっと後ですかねえ。

 ぼくが18歳の頃、高倉健の映画を観たんですよ。日本の映画が嬉しくてね。『暴れん坊将軍』、『座頭市』、『男はつらいよ』なんかを観ましたね。青年会で集まって、トラックに30、40人乗って観に行くんです。日本からの映画なんてたまにしか来なかったから、映画館が日本人でいっぱいになっていましたよ。数少ない楽しみのひとつでした」

「言葉の問題とかもあったでしょう?」現在は流暢なポルトガル語を話す移民のみなさんも入植当時は大変な苦労をしたものだ。

「そうだねえ。農作業をするとき、人夫を使うのに言葉が通じなくて、ちょっと大変でしたね。身振り手振りを使って、自分で見せて教えるしかありませんでした。来たばかりの頃は、言葉が全然わからなくてね。現地のブラジル人が通う学校でポルトガル語を勉強たんだけど難しかったね。トラックの運転手やなんかがいろいろ教えてくれるんだけど、彼らが面白がって悪い言葉(palavrão)ばかり教えるんだよ。意味を知りたいから、通っていた学校の女の先生に聞いてみたら、「そんな言葉、二度と使わないように!」とひどく怒られたことがあったね。結局説明もなかったくらいだから、よっぽど酷い言葉だったんだよね。綺麗な先生だったから恥ずかしくてね。」

諦めずに売り続けたことで評判が評判を呼び、日本人農家の作った野菜は市民権を勝ち取り、今やブラジル人の食卓には欠かせないものになっている。日本人に比べると、ブラジルの人たちはあまり野菜を食べない。今でこそバイキングスタイルの綺麗なレストランにも地方の大衆食堂の食べ放題のシステムにも、ルッコラやレタス、ニンジン、カリフラワー、いんげん、おくらなどが並んでいるが、バランスよく食べるようになったのはここ何十年のことだ。レタス、大根、茄子(ブラジルの太い茄子ではない細い茄子)、二十日大根、キャベツ、キュウリ、オクラ、さやいんげんなどの様々な野菜をブラジルの地に紹介したのは日本人移民の大きな功績の一つだと言える。

マナウスの日系人経営のスーパーでは、玉葱、キャベツ、人参などの野菜に加えて、もやしや長ネギ、さらに韮や枝豆まで手にすることができる。また、日本料理を扱うお店のメニューにも、多くの野菜が彩を添える。ブームになっている手巻き寿司のフランチャイズチェーンから寿司や鉄板焼きの高級店、古き良き時代の大衆食堂まであらゆる場所でビタミンたっぷりの野菜を味わうことができるのだ。熱帯のジャングルの街マナウスで日系人経営のレストランに並ぶきんぴらごぼうや煮物をほおばっていると、日系人移民のみなさんの努力に敬意と感謝の気持ちを感じずにはいられないのだ。

 

Read more

community ja pt

アマゾンのジャングルに観た日系社会

日本人移民が持ち込んだ野菜 その1

マナウスのセントロ(下町)にはアマゾナス劇場(Teatro Amazonas)という観光スポットがある。ピンクの壁とブラジルの国旗を模したタイルが張り巡らされたモスクのような屋根が印象的な建物だ。毎年クリスマスの時期になると、このアマゾナス劇場を舞台に市民参加の一大オペラが繰り広げられる。当日はアマゾナス劇場の内部でオーケストラの演奏も行われ、それをバックに地元の歌手がクリスマスソングを歌いあげる。また、毎年趣向を凝らしたパフォーマンスも楽しみの一つ。私が観た2011年のそれは、屋根の上にキリストが現れ、空を天使が飛び、パフォーマーが壁を登り、何百発もの花火が派手に打ち上げられた。

実はこのアマゾナス劇場、歴史的にも文化的にも非常に価値のある建造物なのだ。19世紀末、空前のゴム景気に沸いたマナウスは『ジャングルの中の桃源郷』という名のとおり凄まじい勢いで経済発展を遂げた。まだ日本人移民がアマゾンにやってくるずっと前の話だ。

アマゾンの天然ゴムは売れに売れ、あらゆるものが街に溢れかえった。その勢いは本場ヨーロッパからオペラハウスをジャングルの中の街にそのまま移築するほどだった。タイルも窓も瓦もすべて船で運び込んだのだ。一つ一つ丁寧な装飾が施されている客席の椅子や、エッフェル塔の真下から見た景色が描かれている天井画や調度品の数々は豪華の一言に尽きる。

かつて、そのオペラハウスを擁する石畳の街には路面電車が走り、仕事を目当てに男たちが、そしてその金を目当てに女たちがこの地に集まってきた。その後、天然ゴムの産地は東南アジアに移ってしまったため、マナウスは長い冬の時代を迎える。20世紀にはブラジル屈指の工業地帯が建設されて再び活気を取り戻すことになるのだが…。

様々な歴史の移り変わりを見てきたこのアマゾナス劇場だが、現在は市民に開放することも多い。私も日本を紹介するための文化イベントで地元の太鼓・よさこいグループ『風河火山』とともにステージに立たせていただいたことがある。なんとこの場所で君が代を歌わせていただいたのだ。他にもミュージシャン仲間が出演したクラシックギターオーケストラの演奏会や地元アーティストによるアマゾナスフィルムフェスティバルという映画祭をここで観たのもいい思い出だ。

「昔はこの辺でいっぱい野菜を売ったんだよね」

自家用車でマナウスの街を案内しながら日伯の事務局長木場さんがお話してくれた。木場さんは九州は鹿児島の出身で、10歳の時に『あるぜんちな丸』で家族とともにブラジルに渡ってきた。

「鶴田さん、この写真の中にぼくがいるんだけどわかるかな」

信号待ちの時、一枚の古い写真を見せてくれた。

「この子でしょ!」

「当たり!よくわかったねえ」

神戸港で出発の時に撮られたというその写真には他の子どもたちより頭一つ大きいやんちゃ小僧が、緊張した面持ちで写っていた。面影があるというかそのまんまだった。

「移民船の中ではいろいろな食べ物も出されたんだけど、食器のにおいが気になっちゃってね。あんまり食欲が湧かなかったなあ」

1958年11月10日、木場さんら17家族117人が辿り着いたのはマナウス市から約40キロ離れたジャングルの中。エフェジェニオサーレス入植地という名で知られているこの場所は、まさに陸の孤島だった。道路は未完成で週に一回、アマゾナス州農務局のトラックが食料品を運んだり、生産物を街に届けたりと往復するのみだった。このジャングルの中で各家族に割り当てられた土地を開墾し、野菜を植え育てたのである。

熱帯ジャングルに降り注ぐ灼熱の太陽の下、慣れない習慣や言葉、そして熱帯の病気と闘いながら移住者たちは畑を整え、組合を作り、子弟の教育を考え異国の中で自作農として生活を確立していった。ジャングルの中、舗装もされていない赤土の道をみんなでトラックに乗り合わせて日本人の手による野菜を街まで売りに行った。

「こんな有名な場所で野菜を売っていたんですねえ」と聞くと、

「なかなかこれが大変だったんだよね」と当時のことを話してくださった。

その2 >>

 

Read more

Series this author contributes to