Toshimi Tsuruta

静岡県浜松市出身。桜美林大学経済学部卒。浜松学院大学日本語教師養成講座修了後、JICA(国際協力機構)日系社会シニアボランティアとしてブラジル国アマゾナス州マナウス市に派遣。2010年から2013年まで西部アマゾン日伯協会を中心にアマゾナス州、アクレ州、ロライマ州、ロンドニア州の日本語教育機関にて活動。帰国後はJICE(一般財団法人日本国際協力センター)の日本語教師として就労準備研修を担当する一方、地元浜松市のFM Haro!で在日外国人も楽しめる日本語とポルトガル語の番組『AMIZADE HAMAMATSU』のパーソナリティとして、またプロフェッショナルバスケットボールチーム『浜松・東三河フェニックス』のアリーナDJとしても活動中。

(2015年6月 更新)

community ja pt

アマゾンのジャングルに観た日系社会

高拓生80周年記念式典

2010年8月12日。 「せっかく日本から来たのだから、まずビラ・アマゾニアを見学するといいよ。」 JICAの調整員と一緒に初めてパリンチンスを訪れた際、当時の副市長の計らいでビラ・アマゾニアを訪問する機会に恵まれた。ビラ・アマゾニアは、かつて高拓生(日本高等拓殖学校卒業生)とその家族が住み「アマゾニア産業研究所」を経営していた入植地である。彼らは、アマゾンのジャングルの中でジュート栽培を成功させた日本人たちとして知られており、彼らの本拠地であった『八紘会館』という建物は、本当に素晴らしい神社のような建物だったという。出発前にマリオ武富パリンチンス日伯協会会長(当時)が古い資料を見せながら一生懸命説明してくれた。 パリンチンス市の港から定員10名ほどの小型船に乗り込み、アマゾン川を下ること約1時間。対岸に目的地が見えてきた。ジャングルの中にポツンポツンと木でできたみすぼらしい家が並んでいる。そこがビラ・アマゾニアの港だった。港には木造の掘っ立て小屋のようなお店が一軒あるだけ。生活必需品を揃えるためのスーパーマーケットもなく、他には教会、学校があるのみだ。 港から100メートルほど歩くと、原っぱが見えてきた。4mほどの木の棒に『Hakko-Kaikan』と書かれている。かつて『八紘会館』があったこの場所には、建物の基礎部分だけが残されていた。プラッサと呼ばれる数十m先の…

Read more

community ja pt

アマゾンのジャングルに観た日系社会

パリンチンスの日系人 ~その2

その1を読む >> JICAでのブラジルにおける私の活動内容の一つに、西部アマゾン地域に点在する日本語教育機関への巡回出張というものがあった。アマゾナス州マナウス市を中心にアクレ州リオブランコ市、ロライマ州ボアビスタ市、ロンドニア州ポルトベーリョ市と各州の州都にある日系団体の手伝いをするというものだ。JICAの青年ボランティアが派遣されている場所では、一緒に授業を行ったり、日本文化を伝えるためのイベントを企画したりもした。パリンチンス市は州都ではないが、パリンチンス日伯協会という日系団体が存在している。 2010年、会長であるマリオ武富氏が中心となって日本語教育が始まった。市内の中心部に位置する「キムラ語学センター」での日本語クラス。市内の郊外にある「イノマタタダシ学校」(アベニウザ・トクタ校長)での幼児対象の日本語クラスがそれである。戦前から日本と深い関係で結ばれるこの街で長い間日本語教育が行われてこなかった影には歴史的にも深い事情がある。 このジャングルの小さな街の住民のルーツはほとんどがインディオで、その多くはパリンチンスを離れたことがないが、中にはデカセギとして日本で働いていたものもいる。1980年代以降、日本経済を支えるために多くの日系人が日本にやってきたが、この街の日系人も貪欲にそのチャンスを逃さないでいた。 街には日本人の名字や名前を模した学校なども多く、親…

Read more

community ja pt

アマゾンのジャングルに観た日系社会

パリンチンスの日系人 ~その1

世界各地に奇祭と呼ばれるものは数多く存在するが、アマゾンのジャングルの中にも変わった祭りがある。アマゾナス州第二の都市、人口11万人のパリンチンス市で毎年6月に行われる「ボイ・ブンバ」がそれである。 パリンチンス市までの交通機関は船か飛行機(プロペラ機)。アマゾン川とジャングルに遮断されているため、この街までの陸路はない。正に陸の孤島なのだ。 毎年、ボイ・ブンバの時期になると世界中からこの島に向かって大勢の観光客が押し寄せてくる。街の船着き場には、上流のアマゾナス州マナウス方面から、そして下流のパラー州ベレン方面からすさまじい数の船がやってくる。 祭りの間中、アマゾン川に浮かぶ多くの船の上には、鮮やかな色のハンモックが隙間なく並ぶ。これは、ホテルに泊まることができない観光客の寝床で、昼間はアマゾン川に吹く風に揺れながら訪問客の疲れを癒してくれる。 ふだんは朝、夕と一日二本しか飛ばない定期便のプロペラ機も、この時期だけは州都マナウスから何往復もして観客をピストン輸送することになる。市内の中心にあるブンボードロモで行われるボイ・ブンバのチケットは、サンパウロなどの大手の旅行社が買い占めてしまうため、毎年入手困難で高額で取引されるほどだ。 アマゾン最大の奇祭「ボイ・ブンバ」とは、ガランチード(チームカラーは赤・白い牛を祀る)とカプリショーゾ(チームカラーは青・黒い牛を…

Read more

community ja pt

アマゾンのジャングルに観た日系社会

日本人移民が持ち込んだ野菜 その2

その1を読む >> 「1960年から1964年ごろまでかな。父と兄たちは野菜売りをしていたんですよ。ぼくはちょうど13、14歳くらいでね。たまに手伝って売っていました。当時売っていたのは、大根、キャベツ。それから、キュウリ。サーレスの仲間(移住者やマナウスの日系人のみなさんはエフェジェニオサーレス入植地をサーレスと呼ぶ)は、苦瓜も売っていて、苦瓜を知らないブラジル人たちに『にがゴーリ』と言いながら売っていました」 「ははは。その当時は、今みたいにキレイな道はなかったでしょう?40キロもの道のりをどうやってセントロ(市街地)まで売りに来ていたんですか」 「トラックですよ。週に1、2回野菜を売りにいく日が決まってたんですけど、サーレスの連中は朝3時頃にはもう起きて、街に野菜を持ってくる準備をしていましたね。舗装なんてされていませんから、サーレスからセントロまでは1時間以上かかりましたよ。朝5時頃から野菜を売っていました」 観光客と物売りでごった返すマナウスのセントロを走るトヨタカローラの中、木場さんの話は止まらない。サーレスで農業を手伝った後、花屋やレストラン、カラオケショップを経営したり、通訳や旅行ガイドの経験まである木場さんだから、その話術は折り紙付きだ。 「逆に週に2回、市役所の買い物のトラックが迎えに来ていて、町までファリーニャ(マンジョーカ芋の粉末)、…

Read more

community ja pt

アマゾンのジャングルに観た日系社会

日本人移民が持ち込んだ野菜 その1

マナウスのセントロ(下町)にはアマゾナス劇場(Teatro Amazonas)という観光スポットがある。ピンクの壁とブラジルの国旗を模したタイルが張り巡らされたモスクのような屋根が印象的な建物だ。毎年クリスマスの時期になると、このアマゾナス劇場を舞台に市民参加の一大オペラが繰り広げられる。当日はアマゾナス劇場の内部でオーケストラの演奏も行われ、それをバックに地元の歌手がクリスマスソングを歌いあげる。また、毎年趣向を凝らしたパフォーマンスも楽しみの一つ。私が観た2011年のそれは、屋根の上にキリストが現れ、空を天使が飛び、パフォーマーが壁を登り、何百発もの花火が派手に打ち上げられた。 実はこのアマゾナス劇場、歴史的にも文化的にも非常に価値のある建造物なのだ。19世紀末、空前のゴム景気に沸いたマナウスは『ジャングルの中の桃源郷』という名のとおり凄まじい勢いで経済発展を遂げた。まだ日本人移民がアマゾンにやってくるずっと前の話だ。 アマゾンの天然ゴムは売れに売れ、あらゆるものが街に溢れかえった。その勢いは本場ヨーロッパからオペラハウスをジャングルの中の街にそのまま移築するほどだった。タイルも窓も瓦もすべて船で運び込んだのだ。一つ一つ丁寧な装飾が施されている客席の椅子や、エッフェル塔の真下から見た景色が描かれている天井画や調度品の数々は豪華の一言に尽きる。 かつて、そのオペラハウスを…

Read more

Series this author contributes to