Sadao Tome

1941年8月、沖縄県本部町生まれ。学習研究社などの勤務を経て1969年に渡米。グレンデール市立大卒、カリフォルニア州立大(CSULA)に編入・中退。2005年、6年の2年間北米沖縄県人会会長歴任。現在「北米沖縄県人会歴史書編纂」委員長。琉球新報アメリカ通信員。08年に日本エッセイスト・クラブ会員に認定される。著書「アメリカに生きる」。

(2011年1月 更新)

community ja

意欲に満ちた沖縄からのインターン生

県の事業の一環として

「日本の若者の海外留学が激減─内向きの危機感」など、日本のメディアが若者の将来に懸念を示すようになって久しい。留学が減ったのは、学生らが「海外留学などしていると就職面で立ち遅れる」という不安を抱いているためだろうが、沖縄県からロサンゼルスへ2月中旬から下旬にかけて2週間インターン(就業体験)をした4人の学生と接して、今の学生らに対する懸念は払拭しなければならないと考えを新たにした。前向きで真摯な彼らの態度から将来の日本の若者の姿が浮かび上がったと言えば言いすぎだろうか。

インターン生の研修事業は、人材育成を目的として、多くの学生に海外でソーシャルビジネス(社会事業)を経験させる沖縄県の事業の一環。今回の4人が、第1回の大学生インターンとなる。北米沖縄県人会とリトル東京サービスセンターで2週間研修した4人は、それぞれが違った角度から自分なりのアプローチで課題に取り組んだ。今回の研修が、10月に開催される第5回世界のウチナーンチュ大会へのプレゼンテーション ...

Read more

community ja

広がる「ゆいまーる」精神 -進出企業と沖縄系社会の「出会い」から- その2

>>その1

沖縄系社会との出会い

大城さんは一人息子の博樹さんを副社長に据え、米国での事業を展開していった。

博樹さんはまず、沖縄系の人たちの家庭を訪問、還元水生成器の機能について懸命に説明して回った。日夜こうした地道な努力を続けた。沖縄の人たちだったからこそ、訪問を快く受け入れてくれたのであり、説明を快く聞いてくれたのだった。こうして次第に販路を拡大していった。

その後、販売対象を日系社会へ、そして米国一般社会へと広げ、さらに努力を重ねていく。

2年後、ロサンゼルスに次いでニューヨーク、シカゴ、ハワイに支店を設置、サンフランシスコにも支店をオープンした。今後ヨーロッパへと販路を伸ばし、グローバル化への道へとつながっていくことになるが、ヨーロッパ進出の夢は、05年にホワイトハウスで開かれた大統領の朝食祈祷会にアドバイザーの前原さんが招待され ...

Read more

community ja

広がる「ゆいまーる」精神 -進出企業と沖縄系社会の「出会い」から- その1

電解水生成器製造販売のエナジック社(大城博成会長、本社・東京)は2010年10月、米国支社(比嘉孝一郎副社長、トーレンス市)の創立7周年を記念して、ラスベガスでコンベンションを催した。同社は現在、世界11カ国に支社があり、販売活動は欧米やアジアの55カ国におよぶ。コンベンションには20カ国から1300人のエージェントらが参集、文字通りの「世界大会」となったが、大城さんが席上訴えたのが「地域社会に利益を還元しながら企業の拡大を図っていく」という経営理念だった。そこには、出身地・沖縄で母親から常日ごろ聞かされていた「ゆいまーる」の精神があった ...

Read more

community ja

今年の二世ウイーク女王ラニ・ニシヤマさん

南カリフォルニア日系最大のイベント「二世ウイーク・ジャパニーズ・フェスティバル」で女王に選出される女性たちには、日系としての誇りや自信をうかがうことができるが、今年の第70回二世ウイークで女王に選ばれたラニ・クメ・ニシヤマさん(24)は、祖父との深い「心の絆」を感じさせた女性として、多くの人の記憶に残ることだろう。

今年の二世ウイークは7月下旬に華々しく開幕、8月14日に女王選出の「コロネーション・ボウル」が催され、西ロサンゼルス日系市民協会(JACL)とベニス日系コミュニティーセンターの推薦を受けたニシヤマさんが7名の候補者の中から栄冠を獲得した。

二世ウイーク女王選出までの過程は平坦な道ではない。居住区からの推薦を受けたあと ...

Read more

sports ja

沖縄興南高校野球部の偉業

甲子園春夏連覇を制した者だけに与えられる深紅の大優勝旗が、今年海を越え、初めて沖縄に渡った。甲子園史上6校目の偉業を、沖縄興南高校が遂に成し遂げたのである。那覇空港には5,000名が出迎え、沖縄住民が歓喜に酔いしれた。戦後65年、苦難の道を歩んで来た沖縄の人々が「一つの夢の実現」に一ページをしるし、足跡を残した明記すべき日であった。 

沖縄興南高校の春夏甲子園制覇の興奮さめやらない9月上旬、同校から5人の選手が日本選抜代表としてアメリカを訪れた。日米親善高校野球に出場する興南の我喜屋優監督率いる日本選抜チームが31日にロサンゼルス入りした。

日米親善高校野球大会とは、日米インターナショナル・ハイスクール・ベースボール・ファンデーション、日米教育サポートセンターの共催で毎年行われている友好・親善試合である。夏の甲子園大会で最も活躍した選手の中から、日本高等学校野球連盟より選ばれた全日本選抜チームと米国選抜チームが対戦する ...

Read more