Yusuke Tanaka

Immigrated to Canada in 1986. BA in Sociology from Waseda University. A freelance writer for the Japanese media; a regular columnist for Vancouver-based JCCA Bulletin and Fraser Journal since 2012. Former Japanese editor of the Nikkei Voice (1989-2012). Co-founder of the Katari Japanese Storytellers since 1994. Lecturer on the Nikkei history at various universities in Japan. His translation Horonigai Shori, the Japanese edition of Bittersweet Passage by Maryka Omatsu was awarded The 4th Canadian Prime Minister Award for Publishing in 1993.

Updated March 2020

war ja

日系カナダ人強制収容から80周年

第3回 カナダ日系社会と「大本営発表」

第2回 >> 第一次世界大戦の後、日本は国際連盟に加盟し、日英同盟は破棄された。日英同盟の延長に関しては、英国自治領カナダの執拗な反対があった。カナダは英国から距離を置き自治権を強化し、安全保障のために米国との友好関係をより重視するようになったのである。 すでに、日本の経済力と軍事力の増大や露骨な拡張主義は、西洋列強の脅威となっていた。彼らの警戒心が人種差別意識によって増幅され、その矛先が北米の日系社会に向かったのは当然の帰結だったかもしれない。 1920年代、BC州政府は日系人の漁労許可証の4割停止を断行した。ヘネー農会の井上次郎は見兼ねて、「落伍者をだしては日本人の恥だ」と失業者を迎え入れた。だが、この善意はいわば仇となって返されることになる。漁業から転じてきた人たちは、ヘネーのリーダーたちが基督教に依拠し同化を目指していることに反旗を翻し、仏教会を設立した。これは、日本の戦争協力に否定的だった従来のヘネー共同体の分裂を意味した。 一方、バンクーバーの日本人会は領事館から「保証権」という名目で資金援助を受けていた。賭博場「昭和倶楽部」支配人・森井悦治は、日本人会の中に「時局委員会」を設置し、米国による日本への輸出禁止に抗して、アルミホイル、医薬品、慰問袋を集めて密かに祖国に送っていたという。RCMPがそれを察知しないはずはない。『Mutual Hostages(引き裂…

Read more

war ja

日系カナダ人強制収容から80周年

第2回 「男のみ」の移動から「総移動」へ

第1回 >> そして、真珠湾攻撃の後、1942年1月、カナダ政府は、18歳以上45歳未満の日系人男子を道路建設キャンプに送ると発表した。当時44歳のボーディング・ハウス(下宿)経営者・川尻岩一(かわしり・いわいち)がそのキャンプ・リーダーであり長老格だったが、彼の知力と胆力は特筆に値する。彼は鳥取県人30数名をまとめて3月12日、総勢108人が道路キャンプへ向かった。 「男子が移動すれば、あとの日系人は移動しなくてよいと言って騙した人がいるのです」。「騙した人」とは、日系社会のボス・森井のことである。 道路キャンプでは、川尻さんはキャンプ全体の委員長、仲裁役として皆の面倒をみた。家族の身代わり、日系社会のためにと名乗り出た男たちだが、果たして自分の犠牲精神がどれほどの意味を持つのか、家族から届く手紙では、事態はどんどん悪化しており、強制立ち退きを命じられた妻たちは幼い子供を抱えて途方に暮れているようだった。男たちは「非常に心が荒廃していました」という。 「これはずるい政府の分断政策でした」という。総移動を委託されたBCSC(ブリティッシュ・コロンビア州保安委員会)は、日本の工作員となりうる男たちだけを沿岸部から遠ざけることで、もしも日本軍が西海岸を攻撃して来た時、第五列と化してカナダに反旗を翻す危険性を排除したのである。一方で、残された女、子供たちを引き立てて内陸部へ…

Read more

war ja

日系カナダ人強制収容から80周年

第1回 日系人はこうして戦争に飲み込まれていった

日系アメリカ人にとって、大統領令第9066号が発令された「1942年2月19日」は、忘れてはならない「Day of Remembrance」。日系カナダ人にとっては、内閣令第1486号「1942年2月25日」がそれに該当するだろう。今年は日系人の強制収容から80年目である。日系カナダ人社会が、どのようにして戦争に巻き込まれていったのか、一世と二世リーダーたちを中心に読み解いてみたい。 * * * * * 1941年12月7日朝、真珠湾攻撃が日系人の日常をひっくり返した。バンクーバー市内のフェアビュー日本語学校校長の宮崎孝一郎さんは「その朝」のことを自著『明けゆく百年』にこう記している: 朝のラジオ番組のスイッチを入れた途端、「息がとまるようなショックを感じた」。そして、「信じまいとスイッチを切った」。キッチンでは妻が忙しく皿を洗っていた。 「戦争だぞ!」。声は震えていた。 「そう」と妻は気のない返事だ。 「日本がアメリカを・・・」 振り返った妻は、「どうかしたんですか」 「ハワイを攻めたらしいんだ」 妻は皿から手を放しながら、「冗談でしょう」とそっけなく言う。 「何かの間違いかな・・確かに今ラジオが・・」 確信の持てない夫に、「そうよ、あなたの聞き違いよ。あなたの英語では怪しいワ」と笑いながら皿を洗い続けた。 宮崎さんは事実を確かめるべく新聞社…

Read more

food en ja es pt

Ohitori-sama Osechi Table

From Delta to Omicron. The year 2021, too, passed by like a flash in the midst of the Covid-19 pandemic. In the spring, the owner of our house, who had lost her job due to the pandemic, said she would put our house up for sale. Oh my goodness. Does that mean I’m going to become homeless after all? As I made a fuss over it, a social worker and friend of mine emailed me, “Apply for community housing as soon as possible,” and helped me do just that. A few months later, I settled down in an apartment right in the middle of downtown, at the foot of the CN Tower, next to Chinat…

Read more

media en ja

Entertainer in Japan under GHQ occupation: Japanese-Canadian Nisei actor and singer Sally (Satoshi) Nakamura

According to Ken Adachi’s The Enemy That Never Was, there were about 1,500 Japanese-Canadians in Japan at the time of the Pearl Harbor attack (1941). Deprived of a chance to return home, many of them were labeled “hostile citizens” and were relentlessly told by the authorities to change their nationality to Japanese. Among the former members of the Vancouver Asahi who joined the Japanese military were Tamio Noda (died in war) in Wakayama and Ken Nakanishi (wounded in war) in Hiroshima. With English skills under their belt, there were at least a few Nisei Canadians who got…

Read more