Sergio Hernández Galindo

Sergio Hernández Galindo is a graduate of Colegio de México, where he majored in Japanese studies. He has published numerous articles and books about Japanese emigration to Mexico and elsewhere in Latin America.

His most recent book, Los que vinieron de Nagano. Una migración japonesa a México (Those who came from Nagano: A Japanese migration to Mexico, 2015) tells the stories of emigrants from that prefecture before and after the war. In his well-known book, La guerra contra los japoneses en México. Kiso Tsuru y Masao Imuro, migrantes vigilados (The war against Japanese people in Mexico: Kiso Tsuro and Masao Imuro, migrants under surveillance), he explained the consequences of conflict between the United States and Japan for the Japanese community decades before the attack on Pearl Harbor in 1941.

He has taught classes and led conferences on this topic at universities in Italy, Chile, Peru, and Argentina as well as Japan, where he was part of the group of foreign specialists in the Kanagawa Prefecture and a fellow of the Japan Foundation, affiliated with Yokohama National University. He is currently a professor and researcher with the Historical Studies Unit of Mexico’s National Institute of Anthropology and History.

Updated April 2016

migration es

María Elena Ota: la vigencia de su trabajo de investigación sobre los Nikkei

Más que una ponencia, estas palabras intentan mostrar de manera sucinta la vigencia y los aportes del trabajo de la profesora María Elena Ota.  A su vez nos serán útiles para  introducir el Simposio Internacional “Perspectiva de la Diáspora Nikkei: Japón, México y América”  a quien en su honor decidimos dedicar.

Pensamos que reunir a especialistas de diversos países para que discutan  y problematizen los estudios de las comunidades japonesas en el mundo sería el mejor reconocimiento que le podíamos hacer a la trayectoria intelectual de la profesora Ota. Quien ...

Read more

war ja es

第二次世界大戦中の日系人強制収容 「暗い谷間」

12月7日、日米両国の戦争勃発のきっかけとなった日本軍によるアメリカ海軍基地への真珠湾攻撃から68年を迎えた。私たちはこの戦争が残した人的、物質的破壊を忘れてはならない。それは、何十年も前から構築していた日米両国の友好関係も崩した。両国の間にあった友好関係により10数万人の日本人が仕事を求め、よりよい未来を築くためにアメリカへ移住していた。移住者の多くは貧しく、最初はハワイの砂糖きび農園に移住した。その後、野菜の生産、漁業、商業など様々な分野で大きな成功をあげることになるカリフォルニア州などのアメリカ大陸へ移住した。

移住者をひきつけたアメリカの魅力は、経済成長のためにアメリカが必要としていた労働力にあった。しかし、20世紀に入り最初の10年が終わるころ、アメリカは日本人労働者の移住を制限し始め、メキシコやブラジル、ペルーなどの別の国への移住を推奨した。日本政府の統計では、第二次世界大戦が始まるまでに、60万人以上の日本人が北アメリカやラテンアメリカの国々へ移住している。

戦争は苦難に耐えていた日本列島に住んでいた日本人ばかりでなく ...

Read more

education ja es

メキシコにある日本人末裔の学校-実を結んだ努力ー

日本メキシコ学院(リセオ)はメキシコ市で最も知られている学校の一つだ。よく知られているように、この学校の建設には、日系コロニアの多くの方々による努力と出資、またメキシコ及び日本政府の援助により実現され、1977年に開校した。リセオは日系人子弟や日本から赴任してくる日本人の子弟だけでなく、日本文化の道徳や価値に基づく質の高い教育を受けたいと望むメキシコ人子弟も受け入れた。

日本メキシコ学院の名声は広く知られているが、この学院は数10年前の伝統を受け継いでいるのではなく、19世紀の終わりにメキシコに最初の日本人移民が入植してから、その子孫が日本語の読み書きや日本文化を学べるように建てられた学校を受け継いでいる。最初の日本人移民の目的は、生活条件の向上と日本へ帰るためある程度の資金を得ることだった。また、その子どもたちが日本語を話すだけでなく、読み書きができることも大事なことだと考えられていた。それで、彼らの最優先事項の一つは子供たちが日本語を習得することができる学校を建設することだった。それは、祖国の文化を忘れないためだけでなく、言葉は日本へ帰国したときに、重要な道具になると考えていたからだ ...

Read more