Select a primary language to get the most out of our Journal pages:
English 日本語 Español Português

We have made a lot of improvements to our Journal section pages. Please send your feedback to editor@DiscoverNikkei.org!

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

パンデミックのさなかに見たコミュニティの絆 - その2

その1を読む >>

懐かしい日本の歌との再会

ステイホーム中、友人と日本のテレビ番組や日本の歌謡曲のビデオなどのやり取りを良くするようになりました。私のスマートフォンに届いた最初の動画は「上を向いて歩こう」でした。私は坂本九の歌声を聴き、とても懐かしく感じました。なぜなら、この歌は私が2001年から2007年まで司会を続けたラジオ番組のテーマソングだったからです。毎朝、あの美しいメロディと歌詞をバックに「オハヨウ・ボンディア」と、視聴者に挨拶をし、数々の日本の歌を紹介していました。

そして私は、この有名な曲を、日本の人気歌手16名が自宅で歌い、それをつなぎ合わせたものがネットで反響を呼んでいるのを知りました。タイトルは、「日本を元気に!みんな歌って『上を向いて歩こう』」。新型コロナウィルスの影響下、世界中に元気と希望を届けるために発信されたたもので、私はこの曲を聴いて感動しました。日本の歌に詳しくない友人は、全員の歌手の名前を順番に知りたがりました。

このようなコラボレーションは、ブラジルの日系人歌手の間でも行われました。世界的に有名な曲「We are the World」を英語だけでなく、日本語「こころをひとつに」とポルトガル語「Um só coração」でも歌いました。こちらも動画として配信されています。また、2014年のロンドリーナ80周年記念の際に日系人グループが制作した動画がスティホームを応援するためにと、再び発信されています。この動画では、東日本大震災(2011年)の復興を応援するために制作されたチャリティーソング「花は咲く」を歌うロンドリーナの市民団体の歌声が町の風景とともに紹介されています。ロンドリーナに住み始めたばかりの私の心を温めてくれる動画の一つです。友達もこれらの曲からたくさんの元気をもらっています。

このように特別に作られた曲でなくとも、一般的に日本の曲は日系ブラジル人へ多くの元気を与えているようです。「実際に、ある友人に「これからどんどん送ってね。義兄は病気してから元気がないんだけど、日本の歌を聞くと元気になるの」と言われました。また、母の日には「かあさんの歌」や「母へのメッセージ」の歌ビデオを受け取った日系ブラジル人のお母さんも多く、皆感動したと言っていました。

また、「サライ」(1992年)、「風に立つライオン」(1987年)、「君といつまでも」(1965年)、「ありがたやありがたや」(1960年)、「関白宣言・替え歌」(2020年)、「乾杯」(1980年)など、様々なジャンルの日本の歌が、最近、日系ブラジル人の間でシェアされているようです。これらの歌を、ステイホームになって初めて聞いた人も多く、私の友人は歌詞はよく分からないけれど、日本のものだから好きだと言っていました。

ステイホーム中の日系ブラジル人を楽しませくれてるのは、日本の歌だけではありません。ラジオ体操、筋トレ、リフレッシュ体操、日本のことわざ、CM、沖縄のオバーのラッキョウ作りなどなどたくさんあり、コロナ渦の中、私たち日系人に元気を与えてくれていいます。不思議なことにパンデミックの最中、日系人は以前より「日本」に心が引かれているようです。

日本に憧れるブレノ君

ブレノ君は父方のいとこの孫息子で高校3年生の17歳。私がブレノ君と初めて会ったのは1年前で、大好きな曾祖父への敬意を表すために入れたという彼の左腕の『日本』というタトゥーが印象的でした。去年8月からカナダでホームステイをしていましたが、新型コロナウイルスの影響で早めに帰国しました。

帰国直後、いとこから連絡があり、「ブレノが日本語を習う決心をしたの!知り合いから本を借りて勉強をし始めたの」と、嬉しそうに話してくれました。日本文化に触れない環境で育った5世のブレノ君が日本語を勉強したいというのは素晴らしいことです。私は早速、3カ国語の辞典を届けました。

日本に興味があるとのことなので、私たちはメールで連絡を取りあうようになりました。私はブレノ君へ日本語のオンライン講座、日本の映画、NHKワールド・プレミアムの番組情報などを紹介しています。ブレノ君は興味深くいろいろ尋ねてくれるので、とても楽しくやり取りをしています。

やり取りをしているうち、ブレノ君は国際関係学部を目指しており、卒業後は、外交官になって日本で働きたいとのこと。私は驚きました!昔の自分を思い出させたからです。私がブレノ君と同じ年代の頃、「ラウラは外交に向いている」と父が言いました。結局、私は国語と文学部に進学しましたが、父の言葉は未だに忘れられません。そして、1972年に初めて来日して以来、私の夢は日本で働くことなんです。いとこは『遺伝だわ』と、ブレノ君を応援しています。私も頑張っているブレノ君にエールを送っています。

新しい仲間との出会い

6月18日はブラジル移民112周年記念日で、16日に私はロンドリーナ州立大学歴史学科、東洋文化研究グループ(GPECO)による「ブラジル日系文学」のビデオ会議に招待されました。

この会議を担当していたのが、大学院生ウエノ・マガリャンイス・マルティナ・ルアナさんでした。ルアナさんとは、私がまだロンドリーナに移住することを考えてもいなかった頃、修士論文に私が初めて出版した小説「Sonhos Bloqueados」を選んでくれたのが縁で、連絡を取るようになりました。

今回のビデオ会議では、この「Sonhos Bloqueados」に描かれている当時の環境、日系人を主人公に選んだ理由、読者の反応、文学関係者の感想について話す機会を持ちました。

この本は、1991年6月18日に発行されたものなので、29年たった今になってその話しをするのはとても不思議な感じがしましたが、ビデオ会議なので私は緊張もせず発表することができました。また、この会議で、日系ブラジル人小説家としての道のりを若い世代に伝えることができたことは、パンデミック中の素晴らしい体験の一つです。これからも、生き甲斐として書き続けていきたいと改めて思いました。


今後の日常

ハツコさんの家で1ヵ月お世話になった後、私は自宅に戻りリフォームを終わらせ、今でもステイホーム中です。年齢を重ねるにつれ、どうやったら、自分が居心地が良いのかがだんだん分かってきたような気がします。世界中の人々が悲しさ、寂しさ、不安の中で生きている時、私はただ神様に感謝して毎日を過ごしています。全てが早く元に戻るようにと願うばかりです。

 

© 2020 Laura Honda-Hasegawa

Brazil covid-19 Igreja Evangélica Holiness do Bosque Kizuna 2020 Londorina SOS Máscaras

About this series

人と人との深い心の結びつき、それが「絆」です。

2011年、私たちはニッケイ・コミュニティがどのように東日本大震災に反応し、日本を支援したかというテーマで特別シリーズを設け、世界中のニッケイ・コミュニティに協力を呼びかけました。今回ディスカバーニッケイでは、ニッケイの家族やコミュニティが新型コロナウイルスによる世界的危機からどのような打撃を受け、この状況に対応しているか、みなさんの体験談を募集し、ここに紹介します。 

投稿希望の方は、こちらのガイドラインをご覧ください。英語、日本語、スペイン語、ポルトガル語で投稿を受け付けており、世界中から多様なエピソードをお待ちしています。みなさんのストーリーから連帯が生まれ、この危機的状況への反応や視点の詰まった、世界中のニマ会から未来に向けたタイムカプセルが生まれることを願っています。 

* * * * *

新型コロナウイルスの世界的大流行に伴い、世界中で多くのイベントが中止となりましたが、新たにたくさんのオンラインイベントが立ち上げられています。オンラインで開催されるイベントには、世界中から誰でも参加することができます。みなさんが所属しているニッケイ団体でバーチャルイベントを開催する予定があるという方は、当サイトのイベントセクションに情報の投稿をお願いいたします。投稿いただいたイベントは、ツイッター(@discovernikkei)で共有します。今自宅で孤立している方も多くいらっしゃると思いますが、オンラインイベントを通して新しい形で互いにつながれることを願っています。