Select a primary language to get the most out of our Journal pages:
English 日本語 Español Português

We have made a lot of improvements to our Journal section pages. Please send your feedback to editor@DiscoverNikkei.org!

ニッケイ物語#2 — ニッケイ+ ~混ざり合う言語、伝統、世代、人種の物語~

雨に濡れた『てるてる坊主』

最近、「幼なじみと今でも交流が続いています」と言うと、驚く人が大勢います。その上、その幼なじみとは60年来の交流だと知って、更にビックリ。「いいなぁ。うらやましいわ」と、みんなが言ってくれます。

わたしは誇りに思っています。幼なじみは1人ではなく、実は7人兄弟なので、60年経った今では、30人以上の大家族になりました。

先日、その幼なじみを訪ね、ちょうど帰るときに、ドアを出て後ろを見ると「変わった花」に目が止まりました。くしゃくしゃになった紙のようで、もっと近づくと「あら!『てるてる坊主』じゃない!」

とても意外でした。1メートルぐらいの植木に『てるてる坊主』がぶら下っていました。クリスマスツリーのようでしたが、ゴージャスな飾りではなく、しょんぼりした『てるてる坊主』が幾つか。見ているだけで悲しくなりました。

「この子たちは失敗しちゃったの!」と、ケイコが真顔で言いました。

「えっ、どういうこと?」

「この間、マリオの娘が結婚したでしょ」

「そうだったわね。ヴィヴィーさんの花嫁姿はきれいだったでしょ。でも、それとこれと、関係があるの?」

「もちろん!ヴィヴィーは、結婚式の日に雨が降ったら困ると、とても心配していたの。そこで、マリアが『てるてる坊主』を用意すると約束したの」

「マリアに聞いたわよ。けれども、その日は雨だったんだって。残念だったわね。でも、もう大分経ったのに、なんで、『てるてる坊主』がまだ植木にぶら下っているの?」

「私たちは、『てるてる坊主』を約束どおりに作ったと、ヴィヴィーに是非見てもらいたいから。失敗しちゃったのは『てるてる坊主』の方だから」

わたしはとても面白くていい話を聞いたと、文章にしたくなりました。

ちょうどここまで書き、ケイコにメールをしました。「『てるてる坊主』、その後、どうなった?」と。

返事がすぐにきました。

「まだ、植木にぶら下っています。実は、みんなで「churrascada1」 や「festa junina2」を計画したので、今度こそ、『てるてる坊主』に頑張って貰わないと、メンバーも増やしました。おかげ様で、2度とも天気が良くて、大成功!私たちは『てるてる坊主』を信頼しているから。ヴィヴィーはまだ見に来ていないけど、私たちが協力したことだけは分かって欲しいの。」

なんてすばらしいのでしょう!日本の昔からの風習がこの遠いブラジルで、三世代にわたって伝わっているなんて!

そして、このエピソードに、私自身も改めて、日本の文化、風習のよさを再認識しました。

今回、幼なじみのタキモト家に感謝しています。もし、あの『てるてる坊主』に出会っていなかったならば、この文章を書くことにはならなかったでしょうから。ありがとう。

最後に、冬のサンパウロは雨の日の連続です。正直に言うと、ここのところ、ウォーキングに出かけていません。久しぶりに、『てるてる坊主』を作ってみよう!

てるてる坊主 てる坊主
明日 天気に しておくれ

追記:
最新情報によれば、タキモト家で、更に大きなジャイアント・てるてる坊主が作られ、ファミリーイベントで披露されたそうです。残念ながら「churrascada」が盛り上がったあまり、写真撮るのを忘れてしまったそうです。

 

注釈
1.ブラジル風のバーベキュー
2.6月の祭り

 

© 2013 Laura Honda-Hasegawa

8 Stars

Nima-kai Favorites

Each article submitted to this series was eligible for selection as favorites of our readers. Thank you to everyone who voted!

Brazil Chronicles mixed culture nikkei-plus sansei

About this series

「ニッケイ」であるということは、本質的に、伝統や文化が混合している状態にあると言えます。世界中の多くの日系コミュニティや家族にとって、箸とフォーク両方を使い、日本語とスペイン語をミックスし、西洋のスタイルで大晦日を過ごすかたわら伝統的な日本のお正月をお雑煮を食べて過ごすということは珍しいことではありません。  

このシリーズでは、多人種、多国籍、多言語といったトピックや世代間にわたるエッセイなどの作品を紹介します。

今回のシリーズでは、ニマ会読者によって、各言語別に全ての投稿作品からお気に入り作品を選んでもらいました。

ニマ会のお気に入りに選ばれた作品は、こちらです。

当プロジェクトについて、詳しくはこちらをご覧ください >>


その他のニッケイ物語シリーズ: 

#1: いただきます!ニッケイ食文化を味わう
#3: ニッケイ人の名前:太郎、ジョン、フアン、ジョアオ? 
#4: ニッケイ・ファミリー: 記憶、伝統、家族観 
#5: ニッケイ語:家族、コミュニティ、文化の言葉 
#6: いただきます 2!新・ニッケイ食文化を味わう 
#7: ニッケイ・ルーツ:私たちの文化の足跡をたどる