Select a primary language to get the most out of our Journal pages:
English 日本語 Español Português

We have made a lot of improvements to our Journal section pages. Please send your feedback to editor@DiscoverNikkei.org!

food

ja

アメリカで日本食レストランを身近にした男 -ロッキー青木-

アメリカ人に知っている日本食レストランを挙げてもらうなら、「ベニハナ」と言う人も多いだろう。鉄板焼きレストラン「ベニハナ」は、都市部に住むアメリカ人の多くになじみのあるレストランだ。

このレストランの創業者は、言わずと知れたロッキー青木氏。慶應義塾大学在学中にレスリングの日本代表とし てアメリカ遠征後、NYで屋台のアイスクリーム販売で成功したのをきっかけに、東京・日本橋で洋食店「紅花」を開いていた両親を説得、1964年にマン ハッタンで始めたのが、鉄板焼きレストラン「ベニハナ・オブ・トーキョー」である。オリエンタル調のミステリアスな店内インテリア、大きな鉄板を囲んだ客 が、ナイフとコテを器用に操るシェフに目の前でサービスしてもらうというスタイルは、パフォーマンス好きのアメリカ人にエンターテイメント型ダイニングと して受けた。「ベニハナ」は、現在90店舗以上(フランチャイズ含む)、南カリフォルニアだけでも10店舗あるという(※1)。

これだけスシがブームで、舌の肥えた客の多いアメリカにおいて、今や「ベニハナ」が本格的な日本料理と思うアメリカ人は、少なくとも西海岸や東海岸にはほとんどいないかもしれない。しかし、40年以上前のアメリカ、特に西海岸より日本人の少ない東海岸のNYマンハッタンである。もくもくと日本人の寿司職人が“ローフィッシュ”のスシを握るスシレストランよりも、派手なパフォーマンスの鉄板焼きレストランは、ずっとアメリカ人に受け入れられやすかったろう(ちなみに、LAのリトル東京でカリフォルニアロールが誕生したのは、ベニハナのオープンの少し前である)。ベニハナに行ったなら、日本人は、「こんなの日本料理じゃないとあきれる」かもしれない。しかし、オリエンタルの料理といえば、こってしたチャイニーズ・フードしか知らなかったアメリカ人に、たとえ“日本もどき”であっても、日本食を経験させた青木氏の貢献は大きい。

今でもベニハナでは、鉄板シェフ(日本人はほとんどいない)が目にも止まらぬ早さで肉や野菜を切り、隣のシェフとコショーを投げ合ったり、食材で火山やハートを形作っている。そのパフォーマンスこそが、パワーボート世界大会への挑戦、熱気球で太平洋横断など「目立つためならなんでもやった」という青木氏のショーマンシップの表れなのだ。(※2)。その“目立ちたがり”精神は、セレブリティとなった子どもたち、息子のスティーブ(カリスマDJ/音楽プロデューサー)、愛娘デボン(モデル/女優)にも引き継がれている。

晩年はインサイダー取引で起訴されたほか、遺産問題で実子(スティーブ、デボンらを除く4人を対象)を訴えたこともあった。一見、複雑な青木ファミ リーだが、数年前、LAのコンベンションセンターで行われたジャパンエキスポで、青木氏が日系人として特別功労賞を受賞したとき、私も会場でファミリーの側で何時間か過ごす機会があった。若くて美しい3番目の妻、恵子さんと結婚して間もない頃、父を称えるため会場を訪れていた子どもたちは、恵子さんとも普通に会話を交わしていたことを思い出す。いや、普通どころか、もっと遠慮ない言葉のやり取りだったと思う。彼らは、偉大な父ロッキー青木を中心に、立派に “家族”として団結していた。

冒険好きの青木氏は、一般人の基準からしてみれば、何人分の人生を生きたのだろう。意外に思うかもしれないが、青木氏がアメリカ人としての市民権を 得たのは、近年のことだという。最後に日本人の妻を選んだ青木氏、心は日本人のまま、アメリカ人になることを決めたのである。日系アメリカ人・ロッキー青 木氏は、2008年7月10日、ニューヨークの病院で、がんによる併発症により亡くなった。69歳だった。

注釈
※1. ロサンゼルス・タイムス2008年7月12日付参照
※2. ニューヨーク・マガジン2006年10月29日号参照

© 2008 Yumiko Hashimoto

benihana new york restaurants Rocky Aoki Shin-Issei teppan-yaki