真珠湾攻撃後のプランテーションの対応

日本語とハワイ語によるハワイの耕地での伝統的な労働歌(ほれほれ節) 日本が恋しくて泣いた日々 大変だったプランテーションでの仕事 一日中子供を預けて仕事 真珠湾攻撃後のプランテーションの対応

Transcripts available in the following languages:

なんて言っていいかわからんよに、悲しかったですよね。でもプランテーションがよーくしてくださったから。毎日あの、マスクでも皆私らにくれてからね。そして毎朝仕事に、集まるとこに行ってからね、そしてプランテーションの人が、ボーシ(ボス)が外人にだけこう書いたの渡すんですよね。そして私らも日本人だからくれられんのか思ってから、その人に問うてみたんですよ。そしたら、この日本人は日本におる人と違う皆いい日本人だから、この人たちに何も悪いことを言っちゃはいけないって書いておるんだってね。それでもうありがたいんでからね。さっきのうちはどうして私ら日本人だからあんなんされる思っとったんですよ。そうじゃなかったの。

Date: 1991年6・7月
Location: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ロバート・ナカムラ、カレン・イシズカ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

hawaii immigrants issei Pearl Harbor plantation

Kizuna 2020: Nikkei Kindness and Solidarity During the COVID-19 Pandemic

Read the stories and share your own!

More Than a Game: Nikkei Sports

Read the Nikkei sports stories >>

Get updates

Sign up for email updates

Journal feed
Events feed
Comments feed

Support this project

Discover Nikkei

Discover Nikkei is a place to connect with others and share the Nikkei experience. To continue to sustain and grow this project, we need your help!

Ways to help >>

A project of the Japanese American National Museum

Major support by The Nippon Foundation